天津飯の『あん』関西と関東の違い、その秘密は「発祥」にあった!!

Pocket

中華料理の中でも「スピードメニュー」として知られる『天津飯』ですが、この天津飯、よく関西と関東でかかっている『あん』がちがうと話題になります。

そこで、今日は

「天津に天津飯はない?」

「西と東で天津飯のタレが違うのはなぜ?」

「名前の由来は?」など、天津飯の謎 についてお届けします。

スポンサーリンク

『かに玉は』中国料理、でも『天津飯』は・・・。

中華料理店で出される『天津飯』ですが、実は日本独特の中華風の料理です。中国の天津市だけでなく、中国全土でも天津飯に似ている料理はないようです。

他にも、中華料理店で当然のように食べている中華飯麻婆丼中国料理ではありません。ようするに「丼」というものがないんです。

でも、上にのっている『かに玉』はというと、

広東語で 「芙蓉蟹(フーヨーハイ)」

北京語では 「フーロンシェー」

と呼ばれる中華料理です。 卵の中にカニの身と野菜を入れふんわりと仕上げた、カニと玉子の炒め物で、「芙蓉」とは蓮の花のことです。蓮の花をイメージしている料理のため、中国では卵白だけを使うのが一般的です。

『天津飯』名前の由来

昭和の物資が不足している時代に、中国の天津市から仕入れたお米を炊いたご飯の上に、蟹の肉入りの卵焼きを乗せた丼ものがあったそうです。

その丼ものを「天津芙蓉蟹肉飯」と読んでいたのですが、それが短くなって「天津飯」になったということです。

ちなみに、天津と言われて思い浮かぶもうひとつのものといえば「天津甘栗」ですが、この「天津甘栗」というのは商標で中国天津市のものではありません。

天津からずっと離れた山まで行くと栗の木はありますが、天津には栗の木がないらしいです。ではなぜ「天津甘栗」になったかというと、栗を船積みしていいたのが「天津港」だったため「天津」とつけられたそうです。なんかとっても紛らわしいですね。



関西「醤油だれ」、関東「甘酢だれ」はどうやって生まれたか?

いよいよ、タレの違いに迫ります!

天津飯の発祥

天津飯の発祥とされる説が大きく2つあります。

まずは、この2つの説をご紹介します。

東京八重洲「来々軒」

1910年(明治43年)創業の「来々軒」が考えたという説です。

急ぐお客さんの「パッと出せるもの」をという要望に応えてご飯にかに玉をのせ、それだけでは味が薄かったので手近にあった酢豚のタレをかけたのが 天津飯の原形だと伝えられています。

大阪「大正軒」

大阪の「大正軒」で生まれたという説です。

戦後大阪の馬場町にあった中華料理店です。戦後の食糧難時代に店の売りになるメニューを考えていた店の亭主は「蓋飯」(ガイ・ファン)を思いつきました(「蓋飯」は天津の食事で、ご飯の上から色々な料理をかけて食べる)

そこで、店主は 天津で獲れたワタリガニを使ってかに玉を作り、ご飯に乗せました。そして、その上に「あん」をかけ、あんかけ風にした「芙蓉蟹飯」を考案しました。

なぜそこにかけた「あん」が醤油ダレだったかというと、この店の店主が中国山東省の出身だったからです。店主のふるさと山東省は、醤油あんをつかった料理がおおい地域だったのです。

しかも、大阪の天津飯はカニではなくエビを使ったものに変化しているのですが、これは

蟹の値段が高かったので、大阪市内の土堀川でよく獲れていた河津海老を代用したためです。

わかったこと

発祥説を2つ取り上げてみて、わかったことは

どちらも、その時代や 場所に応じたものが別々に世に広まったと考えるのが、一番しっくり来るということです。

「天津飯」と呼ばれるようになったのは、のちのちのことですし

「あん」が違うだけで、「ご飯にトロトロ半熟の玉子炒めをのせている料理」という意味では、同じものなので両方とも「天津飯」と呼ばれてもおかしくはないですよね。

ちなみに、関西では「天津飯」と呼ぶのがほとんどですが、関東では「天津丼」と呼ぶ店が多いそうですよ。

あんの違いを味わってみたいという方は、甘酢あん醤油ベースあん食べ比べてみるのも楽しいですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。