七十二候「霞始靆 (かすみ はじめて たなびく)」春の空が霞んで見える原因は?

Pocket

2月24日からは、七十二候の「霞始靆 (かすみ はじめて たなびく)に入ります。

2月最後の候となります。

気温が少しずつ上がり始め、霞が春景色を彩り始める頃です。

秋や冬は空気が澄み 遠くの山もキレイに見ることができますが、春になり湿り気を帯びた南風が吹くと、野山の風景や遠くの山がぼんやりと かすんで見えるようになります。

それが霞(かすみ)です。

そこで今回は、霞(かすみ)についてお届けします。

霞と霧、もやの違いや、かすみと関連するものもご紹介しますね。

スポンサーリンク

春の空は、なぜ白っぽく見える?

春の空を見上げたとき、

なんとなく空が「白っぽい」と感じたことはありませんか?

春は、空気中に含んでいる水蒸気が少なく乾燥しています。

そして、雪や氷が 溶けだして 土の上に植物があまり生えていないため、土やホコリが舞いやすくなります。

すると空気中にチリや水滴が増えます。

空気中に粒子の大きいチリや水滴があると、太陽の光は様々な波長の光が合わさった状態のまま散乱します。

それが、春の空が白っぽく見える原因となるのです。

「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」何が違うの?

「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」は、以下のような状態や現象のことを言います。
  • 「霧(きり)」

大気中の水蒸気が微小な浮遊水滴によなり視界が悪くなる現象

視程 1km未満 の状態

  • 「靄(もや)」

大気中の水蒸気が微小な浮遊水滴によなり視界が悪くなる現象

視程 1km以上、10km未満 の状態

  • 「霞(かすみ)」

空気中の水滴にその他の細かい粒子が混ざり視界が悪い状態

空気中にちりや煙などが浮かび、空が白っぽく、うすぼんやりと見える現象を指す言葉

見て頂いたとおり現象としてみると、「霧(きり)」「靄(もや)」は同じです。

ただ、定められている視程が違いますね。「霞(かすみ)」は現象としても違っていますし、視程も定義されていません。

霧(きり)= 遠くまで見渡せない(近くのものしか見えない)

靄(もや)= 遠くまで見渡せる

霞(かすみ)= かすんでみえる

一番視界が悪いのは、霧が出ている状態ということになりますね。

気象用語としての「霧(きり)」と「靄(もや)」、「霞(かすみ)」

「霧(きり)」「靄(もや)」は、気象用語として使用されています。

「霞(かすみ)」に関しては、気象用語ではありませんので、天気予報などで使われることはありません。


俳句の季語

「霧(きり)」 

平安時代から秋の季語として用いられるようになりました。

「靄(もや)」 

単独では、季語となっていません

「霞(かすみ)」 

平安時代には春の季語として用いられるようになりました。

ちなみに霞は昼間につかう用語で、同じ霞がかかった状態でも、夜の 輪郭がはっきりしない ぼんやりとした月のことは「朧月(おぼろづき)」と呼びます。朧とは「ぼんやりとかすんでいるさま」や、「はっきりしないさま」のことを言います。

3つとも同じような状態を指してはいますが、その使い方や感じる季節はまったく違っているんですね。

「かすみ」関連

かすみと聞いて思い浮かぶ「霞文(かすみもん)」と「かすみ草」について紹介します。

 霞文(かすみもん)

「霧」や「もや」という言葉を使うときには「かかる、たちこめる」と言います。それに対して「かすみ」は「たなびく」という言葉と使われることが多くなります。「たなびく」とは、霞や雲が横に長く引くような形で漂うことを意味します。

では、「たなびく」とはどのような感じかというと、普段の会話で「たなびく」という表現は使うことがほとんどないので想像しにくいと思いますが、着物などの柄を思い浮かべてみていただくとわかりやすいいです。

自然現象のかすみがたなびく様子を 直線を何本も横に重ねて表現したものが「霞文(かすみもんです。カタカナの「エ」の字に膨らみを持たせたような形で表現したのが「エ霞文(えがすみもん)」です。

そのかすみのなかに吉祥文様や花をうめて、古典柄としてよく着物や千代紙などに使われています。

実際には形のないものを表現しているのですが、しっりと「かすみがたなびく様子」が伝わってくるから不思議です。

ちなみに「かすみ草」の花言葉は、

咲かせる純白で小さな花の奥ゆかしく可憐な印象から、「無邪気」「夢見心地」「清い心」

また、花束にするときに、目立たず他の花をひきたたせることから「親切」「幸福」という花言葉も持っています。

かすみ草

カスミソウは、白くふわふわした見た目の かわいい花です。

アレンジメントや花束の定番の花で、他の花を引き立たせてくれる名脇役としてよく用いられます。

学名は、石膏を意味する「gypsos」と、愛することを意味する「philios」が語源で、石灰質の土壌を好むことに由来しています。英名の「Baby’s breath」は赤ちゃん または 愛しい人の「吐息」という意味です。かすみ草のイメージにピッタリですね。

和名は、白い花をたくさん付ける様子が春の霞(かすみ)のように見えることが由来となっています。

カスミソウは、2月から3月頃になり気温が20度ぐらいになったら種まきをして、開花は、5~8月ごろですので、春の霞のようみえるだけで、実際は春の花ではありません。

さいごに

春霞の景色は柔らかな印象で、
穏やかな春のあたたかい日差しとあいまって
気持ちもほっこり柔らかくなりますね。

冬の終わりと同時に少しずつやって来る
春の訪れを意識して楽しんでみてください。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。