引越しシーズン『住所異動』も忘れずに!

Pocket

春は、引越しのシーズンですね。

引越しは何度やっても、やることがたくさんあって毎日が大忙しです。

今日は、お引越しのときに忘れちゃいけない『住所異動』の手続きについてお届けします。住民票の異動手続きは、引越し前と後、同じ市区町村への引越しと、他の市区町村への引越しかによって違ってきます。今日は、それぞれの場合の手続き方法を紹介します。

スポンサーリンク

住所異動手続き

まずは、住所異動について

引越しをすると住民票の異動の手続きが必要です。

そして、手続きをする期間が『引越しの日から14日以内』と、決められています。

この期間以内に手続きをしないと「過料」という5万円以下の罰則を受けることもあるので、忘れずに手続きをおこないましょう。

それでは、「同じ市区町村内での引越しの場合」と、「他の市区町村への引越しの場合」の住民票の異動手続きの方法を詳しくみていきましょう。

同じ市区町村内での引越しの場合

同じ市区町村のなかで引越しをする場合、ついつい手続きを忘れてしまったり何かのついでの時でいいかと後回しにしがちですので、忘れず手続きするように注意が必要です。

『転居届』

同じ市区町村内に引越す場合は『転居届』の手続きが必要です。

住所が変わったといっても、「マンションの部屋が変わっただけだからいいんじゃない?」といもうかもしれませんが、この場合でも『転居届』は必要です。

『転居届』手続きは、引越し14日以内に行う必要があります。先ほどお伝えしたとおり、14日以内に手続きをしなかった場合、罰則をうける可能性もあります。

ただ、うっかり忘れて罰則を受けるのは嫌だからと、焦って引越し以前に手続きしようとしてもできません。引越し後、早めに手続きにいきましょう。

住民基本台帳カードや国民健康保険、国民年金なども住所変更が必要です。市区町村役場の各窓口で手続きができますので、同じ日に一緒に手続きすると楽ですね。印鑑登録に関しては、住民登録のある市区町村内であれば『転居届』の手続きと同時におこなわれるので、手続きの必要はありません。

他の市区町村への引越しの場合

同じ市区町村のなかで引越しをする場合は、『転居届』手続き1つだけでしたが、他の市区町村へ引越しをする場合は、2つの手続きをする必要があります。

まず引越し前の市区町村役場に『転出届』、そして引越し後の市区町村役場で『転入届』という2つです。それぞれの手続きについて説明していきます。

引越し前『転出届』

現在とは違う市区町村へ引越しをするときには、引越し前の住所地にて『転出届』の手続きが必要です。『転出届』の手続きの期間は、引越しする日の2週間前から当日までです。

『転出届』の手続きをすると『転出証明書』が発行されます。『転出証明書』は、引越し先での手続きに必要となりますので、引越しの荷造りにまぎれて紛失しないように注意が必要です。

『転出届』には引越し先の新住所を記載する欄がありますので、新住所が書かれているものをなにか持っていくようにしましょう。また、転出予定年月日を記入する欄もあります。届け出の時点で、引越し日が決まっていない場合は、おそらくこの日ぐらいという日でかまわないので、予定日を記入して大丈夫です。あくまで予定でいいため、実際の引越しが多少前後するのは問題ありません。

引越し後『転入届』

現在とは違う市区町村へ引越しをするときには、引越し後の住所地にて『転入届』の手続きが必要です。手続きの期間は、引越し後14日以内で転居届の手続きと同様この期間以内に手続きをしないと「過料」という5万円以下の罰則を受けることもあるので、忘れないよう注意してください。

『転入届』の手続きには『転出届』の手続きが完了して渡された『転出証明書』が必要になります。必ず忘れずに持参してください。住民基本台帳カードや国民健康保険、国民年金なども住所変更が必要です。市区町村役場の各窓口で手続きを忘れずに一緒にしておきましょう。印鑑登録に関しては、他市区町村への引越しの場合、前住所での印鑑登録はなくなり新しい住所地で改めて登録をする必要があります。

また、住所が変わると他の手続きなどで『住民票』が必要になることが多々ありますので、窓口でついでに必要となりそうな枚数発行してもらっておくと便利です。

手続きには、本人確認書類、国民健康保険証・高齢者医療受給者証・乳幼児医療証・印鑑登録証など(該当者のみ)、印鑑、代理人の場合は委任状なども必要となります。この他、手続きをされる各市区町村などによって手続き方法に違いがある場合がありますので、必ず確認してから手続きにいきましょう。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。