神戸ハーバーランドクルーズ「concerto(コンチェルト)」体験!おすすめクルーズ旅行検索サイトを2つ紹介します

Pocket

今日は、神戸『concerto(コンチェルト)』の乗船券をいただいて、神戸ランチクルーズを堪能してきたので、ランチクルーズについてお届けします。休みの日のお出かけに迷われている方は、日帰りクルーズは思っているよりずっと気軽に楽しめますよ。

スポンサーリンク

神戸クルーズ船「concerto(コンチェルト)」

コンチェルトは、神戸ハーバーランドモザイク1Fに乗り場があります。JR「神戸」駅または神戸市営地下鉄「ハーバーランド」駅から徒歩10分と、アクセスもとっても便利です。

3つのコースが選べます。

『ランチクルーズ』

時間:12:00~14:00 料金:乗船料2,900円+食事代+消費税

『ティークルーズ』

時間:14:30~16:00 料金:乗船料2,200円+食事代+消費税

『トワイライトクルーズ・ナイトクルーズ』

時間:17:15~19:00(トワイライトクルーズ)
   19:30~21:30(ナイトクルーズ)
料金:乗船料2,500円+食事代+消費税(トワイライトクルーズ) 乗船料2,900円+食事代+消費税(ナイトクルーズ)

今回は、『ランチクルーズ』で、5,000円のフレンチのランチを予約しました。



乗船手順

まずは、乗船場へ到着したら、神戸ハーバーランドモザイクの1Fに、コンチェルトのお土産などを販売しているお店の中に、チケットカウンターがあります。ここで、チケットを発券してもらいましょう。

土日の予約は、混み合ってます。20名ぐらい並んでました。

チケット交換せずに並んで乗船しようとして、チケットカウンターに行くように支持されている方もいらっしゃったので、忘れずカウンターに行ってください。

あとは、乗船を待つだけです。

乗り場に、乗船する方の行列ができていますが、ランチの予約をしているので並ばなくても席がなくなることはありません。ですので、乗船時間になるまで、のんびりベンチに座るもよし、記念写真を撮るもよし、自由に過ごしましょう。

ランチクルーズ

乗船すると、入口で音楽の生演奏で出迎えてくれます。

そして、チケットを見せると、ランチのコースごとに部屋がわかれていて予約したランチの部屋に案内してもらえます。

だいたい窓際の席に案内していただけるので、景色を楽しみながらお食事できます。ただ、5人以上のグループの方は、窓際での対応は 難しいらしく、中央のテーブルへの案内となっていました。

この日のメニューがテーブルにセットされています。

まずは、飲み物をオーダー、出港したら食事が運ばれてきますよ。

 

 

この日のコーズの一部です。

船の中で提供されるお料理なので、それほど期待してなかったのですが、とっても美味しかったです!食事の途中で、乗船の時に出迎えてくれた音楽演奏の方々が、演奏をして各部屋を回ってくれるので、音楽も楽しめますよ。

明石大橋も見られる

途中で、神戸空港の離発着の飛行機が近づいてきたり、明石大橋が見えたり風景も楽しめました。

 

この飛行機どんどん船に近づいてきて、船の上から見る飛行機を楽しめました。

明石大橋が見え始めたら、船は旋回します。

デッキで、景色と海の風を楽しむ

お食事の途中で立って、外に出るのも自由です。

席を立っている間は、食事を出すのを待ってくれているので、食事が一段落したら、デッキにでて戻ってからデザートをゆっくり楽しむのもいいですよ。

デッキは、日差しがきついので、日傘の用意もしてくれています。女性の方は日傘を借りてデッキに出ていました。

デッキに出ている方もたくさんいて、海の風を感じながら景色を眺めたり、おしゃべりしたり、写真をとったり、非日常を楽しんでいました。

クルーズの旅

休みの日に、ちょっと特別気分が味わえる割には、気軽に楽しめるクルーズはとってもオススメできます。船に乗っている方それぞれが、いつもとは違う空間で楽しんでいるのが伝わって来るのもいい気分です。

今回乗船したクルーズは、こちらの神戸クルーズconcerto(コンチェルト)公式HPから、予約ができますよ。神戸でクルーズを楽しみましたが。

日本国内クルーズを楽しめるところは他にもたくさんありますよね。日帰りツアー・体験イベントならポケカルでも、東京や横浜などのクルーズ情報がたくさんあります。


日本に限定せず、もっと贅沢な船の旅をしてみたい!という方には、クルーズ専門店として多くの取り扱い実績を誇り クルーズチケットに始まりパッケージツアーまで、日本一のラインナップ数が15000コースもあるクルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズで検索したら、きっと好みの旅行が見つかりますよ!

ゴールデンウィークや、夏の旅行にクルーズ旅行を考えてみるのもいいかもしれませんね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。