高橋真麻おすすめトラベルグッズの【ネックピロー】ってどんなの?

Pocket

先日TVで高橋真麻さんが、飛行機ビジネスクラス7箇条や オススメのトラベルグッズなどを取り上げていましたが、その中でも気になった【ネックピロー】をお届けします。

長期休暇、ゴールデンウィークや夏期休暇の長旅に活躍間違いなしの品ですよ!

スポンサーリンク

 高橋真麻流「ビジネスクラス7箇条」とは?

番組で、紹介されていた真麻さんのビジネスクラス7箇条はこちらです。

  1. 機内では、すぐスリッパに履き替える!
  2. 深夜便は、安眠マスクで熟睡!
  3. 疲れた体は、アメニティグッズで癒す!
  4. シートベルトサインが消えたら、即シャンパン!
  5. 食事の時は、絶対起こしてもらう!(事前にお願い)
  6. 帰国便の機内食は、和食!
  7. 食事中は、真麻オリジナルカクテル!(シャンパンをカボスジュースで割ってました)

ビジネスクラスじゃなくても使いたいテクニックもありますよね。

そんな中で、もっとも気になったものを紹介します。

変な形だけどオススメのエアまくら

この写真の救命ベストみたいな形をしたものが、エアピローです。

実は、欧米で大ヒットの商品らしいです。

ピローとか、枕とか、どっちもなんか違う感じですよね。普通のネックピローとはあまりにも形が違います。どうやって使うかというと、上に穴の空いている方を自分に向けて抱き抱えます。上の穴に顔をのせ、横の穴に両側から手を通して抱き抱えます。

普通のネックピローでも、首が痛くなったりするのは軽減されます。でも、どうしてもガーっと顔をあげて、口がパカーンとあけて寝る姿をまわりに見られたりすることになってしまいます。

それが、こちらを使うと、顔をあずけていますので、まず寝顔を見られることはありません。顔を埋めるところが穴になっているので、苦しくなったり、化粧崩れの心配もないです。体制的にも首や肩に負担をかけずに快適です。

絶妙の傾斜で首への負担、息苦しさを軽減、左右の穴で腕もしびれない工夫がされています。
狭い空間の中でも自然と身体を預けることができますね。

スエードに似たやわらかな肌触りで、手触りもよく、手洗いが可能なのが嬉しいところです。
使用しない時は空気を抜いて、専用ポーチに入れて持ち運びできますし、重さも軽い320gです。

個人的には、ネックピローの空気式ではないものを持ち運んでいるのを見ると、大変そうだなと思っていつも見ていました。しかも、結局顔をあげて首倒して寝てるからあまり意味がなさそうに感じていたのですが、これは アリですね。次回の長時間移動までには入手しようと思います!詳しく使い方を知りたい方は、下の写真で確認してみてください。

エアーピロー トラベルピロー エアー 枕 旅行用ピロー 携帯 便利 収納ポーチ付き 飛行機 旅行 出張用 機内 昼寝 オフィス 仮眠 旅行 コンパクト 空気枕

旅行の便利グッズって知らない間に、いろいろ増えていますね。

このエア枕を探すのに、スーツケースも気になって見ていたら、イタリア発おしゃれなスーツケースCRASH BAGGAGEと、いうのを見つけました。このスーツケースなら、使い込んで傷がついても、できた傷も おしゃれの一部になってくれそうでいいなって感じです。

旅行って、計画たてている時や、いるものを揃えている時の ワクワク感が、たまらないですよね!これからどんどん陽気もよくなってきます。旅行に行きたくなりますね!

今日も ありがとう


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。