モロゾフのプリンには「美味しい食べ方」がある!普通の食べ方と食べ比べてみた

Pocket

TVで、モロゾフの方が「モロゾフのプリンには正しい食べ方がある!この食べ方をしたほうが、よりプリンが美味しく楽しめる」といっているのを見て、どうしてその食べ方をしたくて仕方なかったのですが、なかなかチャンスがなく忘れかけていました(笑)

やっと、モロゾフのプリンを入手しました!

しかも、本当にその食べ方の方がおいしいのか「食べ比べる」ために、ちゃんと2つ用意しましたよ!

スポンサーリンク

モロゾフのプリン正しい食べ方

正しい食べ方と言っても ごくごく簡単で、用意するのは

モロゾフのプリンと、お皿とスプーンだけです。

まずは、プリンの蓋を開け、スプーンの背中側で容器とプリンのくっついている部分を押し下げ、はがしていきます。グルリと一周剥がしましょう。

できたら、プリンの上にお皿をのせます。

それをひっくり返して、プリンがお皿の上に逆さまになるようにします。

そして、しっかりお皿で蓋をしたままプリンを持ち、左右に振ります。この時のチカラ加減は、弱すぎてもダメですが、強く何度も振るとプリンがぐちゃぐちゃになってしまいますので、気をつけてください。

するとプシュッと音がしてぷりんと容器の間に空気が流れ込み、プリンがお皿の上に落ちます。完全に失敗したかのような写真ですが、これでOKです。

少しずつ容器をずらして上げていくと

出来上がりです!!

そうです。ようするにプッチンプリンの原理ですね。

でも、こうするのが一番美味しいモロゾフのプリンの食べ方なのだそうです。


「普通の食べ方」「正しい食べ方」食べ比べ

食べ比べないと、この食べ方がオススメ出来るかどうかわからないので、ひさびさに食べるプリンでお腹いっぱいになりながら、2つ連続で食べ比べました。

結論

さすがモロゾフの方がススメるだけあって、

お皿に出して食べると何倍も美味しいです!!

最初から最後までカラメルが、プリンにからみついてくれるのがポイントですね。

途中で、容器のままのプリンを食べるとなんとなく物足りなさを感じるぐらいでした。容器のままのプリンでも、「最初に下まで掘ってカラメルを容器の中で混ぜながら食べればいいじゃないか!」という声も聞こえてきそうですが、それとは明らかに風味が違います。

なんてことのない違いなのですが、こんなにもハッキリと違いがでるものかと思いました。

モロゾフのプリンで是非試してみてください。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。