カーテンのお手入れをしよう

Pocket

暖かくなり窓を開ける時間が長くなると、カーテンは外からの塵や埃、花粉にさらされて、汚が蓄積しやすくなります。そこで、今日はカーテンのおてい入れについてお届けします。

スポンサーリンク

カーテンのお手入れ

窓を開けても、閉めている場合が 多いレースカーテンは、室内と外の空気が流れることで、ホコリが付着したり、食べ物のニオイなどが染み付くので、嫌な臭いの原因になる可能性が高いんですよ。

カーテンの繊維の奥に、蓄積した雑菌やカビなどニオイの元から、嫌なニオイが空気中に漂ってしまうことがあります。洗えるカーテンは自宅で洗うのが一番です。では、洗い方を説明していきます。

洗い方

カーテンフックをつけたまま洗濯すると、洗濯中に生地がひっかかり、破れや傷みなどの原因になりますので、まずは、カーテンフックをはずします。

つぎに、洗濯マークを確認しましょう。

洗濯機OKのマークが付いている場合は、洗濯機を使用して洗います。

手洗いマークが付いているものや、裏地にデリケートな生地が付いているもの、また繊細なデザインのものなどは、おしゃれ着用洗剤を使用するといいです。この場合は、洗濯ネットに入れて、洗濯機の「ドライコース」や「おうちクリーニングコース」「おしゃれ着洗いコース」などのコースで洗います。

注意点

カーテンは、部屋の中にあっても、窓際でずっと紫外線にさらされているので、生地が傷んでいることがあります。目立たない場所を少し引っ張ってみて、生地が弱っているなと感じる場合は、洗濯機を使わず手洗いをしましょう。

また、クシャクシャと丸めて洗ってしまうと、後でシワになってしまったり、型崩れの原因になってしまいます。丁寧にたたんで、大きめの洗濯ネットに入れて洗濯することが大切です。洗濯ネットに入れることで、水流で生地が乱れるのを防げます。また、キレイに折りたたむと、洗濯液もまんべんなく行き渡ります。

生地の破れや縮みにつながるので、乾燥機を使うのはやめましょう。

カーテンは汚れがひどい場合が多いので、洗濯機で洗う前に、まず大きめのたらいや洗濯桶に濃い洗剤液を入れ、つけ置き洗いをすると効果的です。つけ置きの後は、洗濯機の弱い水流モードで通常通り洗えば大丈夫です。

カーテンの干し方

カーテンを洗ったのはいいけれど、どうやって干そうか悩んだりしていませんか?

カーテンを干すときは、フックをつけてカーテンレールに吊るすのが一番です。

カーテンの重みで洗濯ジワも伸ばすことができますし、窓際で太陽の光を浴びて乾きやすく、乾いた後の手間もかかりません。カーテンレールに吊るす前に、カーテンレールの上の埃を拭き取ると拭き掃除もしやすいですよ。

洗濯できない場合

大きなカーテンをこまめに洗濯するのはなかなか大変ですよね。しかも、洗濯できないカーテンだってあります。この場合は、定期的に消臭・除菌スプレーを使ってニオイの元を断ち切りましょう。

また、型崩れなどが気になる場合は、クリーニングにだしましょう。

窓際のカーテンが変わるだけで、部屋の雰囲気は驚くほど変わります。

なかなかカーテンを洗濯できないという方は、衣替えと同じような感覚で、季節に合わせたカーテンをそろえ、季節ごとに模様替えをすると、気分も変わりますし、クリーニングに出している間のカーテンの心配もありません。日本最大級のカーテン専門ショップカーテン&カーテンで、カーテンを探してみてはいかがでしょうか。

さいごに

いかがでしたか?

カーテンだけではなく、冬と夏は、暑さ寒さで億劫になる掃除も、気候のいい春なら気持ちよくできるので、特に水を使った大掃除や外回りの掃除は、梅雨前に終わらせてしまうといいですよ。

ピカピカの玄関や窓ガラスは、とっても気持ちものです。

せっかく青空が広がる春、家を磨くだけで、もっと明るく清々しい気分になりますよ。

今日も ありがとう


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。