二十四節気『穀雨』

Pocket

4月20日から、二十四節気では『穀雨』です。

立夏までの期間が、穀雨となります。
春季の最後の節気です。

穀雨とかいて「こくう」と読みます。

この穀雨とは、“百穀を潤す春に降る雨”という意味の「百穀春雨」から来ています。

春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、雨で潤った田畑は種まきのシーズンを迎えます。五穀豊穣もたらす雨ということですね。この時期の雨は、穀物が健やかに生育するために必要な、まさに恵みの雨なのです。

実は、この時季に特に雨が多いというわけではありません。

穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降ることもなくなる」という言葉があります。南の方ではトンボが飛び始め、ストーブを片付け冬服から衣替えする季節です。

二十四節気におけるは、立春(りっしゅん)に始まり、穀雨(こくう)で終わりを告げます。そして、穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。

春の雨にはいろんな呼び名があることをご存知ですか?

今日は、そんな春の雨の呼び名についてお届けします。

春雨(はるさめ)といえば、ダイエットにもよいと言われる食べ物ですが、なぜ春雨と呼ぶのかについてもお答えしますよ。

スポンサーリンク

美しい春の雨

日本語は、本当に繊細だなと思う言葉ですね。

春の雨は、たくさんの表現を持っています。ではさっそく見ていきましょう。

・桜雨:桜が咲く頃に降る雨
・春時雨:春のにわか雨

・花時雨:桜の頃のにわか雨
・春驟雨(はるしゅうう):春のにわか雨、雷を伴うような少し激しい雨
・菜種梅雨(なたねづゆ):菜の花が咲く頃の、春になり始めに降り続く雨
・春霖(しゅんりん):春の長雨
・催花雨(さいかう):花々に早く咲いて欲しいとせき立てるように降る雨
・甘雨(かんう):草木を潤す雨

・瑞雨(ずいう):穀物の成長を助ける慈雨

どれも、やがて来る実りの時に豊作をもたらす雨であることを願い、命を育む雨を敬って呼ばれた美しい言葉ですね。

中華の「春雨」呼び名の由来は?

春雨(はるさめ)とは、緑豆(リョクトウ)や、ジャガイモ、サツマイモから 採取されたデンプンを原料として作られる乾燥食品のことです。

日本では、主にジャガイモなどの芋デンプンを材料としています。

見た目は、乾燥させた葛切りに似ていますが、葛切りは、葛粉を水で溶かして型に入れてから加熱し、板状に固めたものを細長く切ったもので、全く別物です。

もうひとつ、マロニーも見た目にはよく似ていますね。こちらは、ジャガイモデンプンと コーンスターチが原料のため、春雨と変わらないように思いますが、メーカーは、春雨とマロニーは異なる食品だとしているのだそうです。

春雨(はるさめ)という呼び方ですが、

春の細い雨に似てる」ところからそう呼ばれるようになったといわれてます。

この言い方は主に日本での言い方で、発祥の中国では「春雨」とは呼びません。

さいごに

イギリスには『April weather,rain and sunshine both together』
「4月の天気は雨と日光がともに降り注ぐ」という言い方があるそうです。

雨が多くなると、鬱陶しい気分になりがちだったり、雨は嫌なものとして捉えられがちですが、世界中でこでも自然の恵みでもあるんですね。

夏の暑さ対策としてすっかり定着してきた「緑のカーテン作り」を始めるのも、この時期が良いのだそうです。自然を意識したものを生活を取り入れるのもいいですね。

やってみようかなと思う方は、緑のカーテン向きタネ付のセットのものがありますよ。挑戦してみてはいかがでしょうか。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。