七十二候『葭始生』~あし はじめて しょうず~

Pocket

4月20日から、二十四節気では『穀雨』です。

七十二候は、穀雨の初候『葭始生』に入ります。

「あし はじめて しょうず」または「よし はじめて しょうず」と読みます。

水辺に葦が芽吹く頃という意味です。

今日は「葦(あし)」についてお届けします。

『穀雨』については、昨日の記事二十四節気『穀雨』を参考にしてください。

スポンサーリンク

「葦」とは

「葦」は「あし」または「よし」とよばれます。

”あし”は”悪し”という意味にも とれるるため、あえて”よし(良し)”と 言い換えて使ったりしたのだそうです。

イネ科ヨシ属の多年草で、河川や 湖沼の 水際に 群落を形成する背の高い食物です。水辺に3メートルほどにも育つんですよ。

この葦は、実は日本にとって特別なものなのです。

神話・日本書記にみる日本

日本神話や、日本書紀の中で日本を表現する呼び名は、とても美しいものになっています。

・葦原中国(あしはらのなかつくに)

・豊葦原の瑞穂の国

・豊葦原千五百秋瑞穂國(とよあしあらの ちいおあきの みずほのくに)

天上の神が住む 「高天原(たかまがはら)」と、死者の世界 「黄泉の国(よみのくに)」の間にある「葦原中国(あしはらのなかつくに)」が日本列島です。

葦原と、実りの稲穂が揺れる豊かな国「豊葦原の瑞穂の国」という景色が目に浮かぶ美しいたとえです。そして、永遠に穀物が豊かに実る国という意味の「豊葦原千五百秋瑞穂國(とよあしあらの ちいおあきの みずほのくに)」という呼び名です。

どれにも、「葦」という言葉が入っていて、水辺の美しさ農耕の豊かさ、それに必要な水の豊かさも感じられますね。

葦を使う生活

今では、葦が なぜそんなに 日本を表す言葉に使われるほど、大切なものとして扱われるか、ピンと来ませんが、葦は昔ながらのいろんなものの材料として使われているのです。

たとえば、以下のようなものに使われています。

  • 葦葺きの屋根
  • すだれ
  • よしず

日本の昔の風景には、欠かせないものばかりですね。古くから日本人にとって、身近で大切なものだったことがよくわかります。

「人間は考える葦である」とは

耳にしたことがある言葉だと思います。

でも、何が言いたいのかよくわからないですね。

「考える葦」は、フランスの思想家パスカルの代表作『パンセ』の冒頭の言葉です。

「人間は自然のなかでもっとも弱いひとくきの葦にすぎない。だが、それは考える葦である」と述べている。広大無辺な宇宙に比べれば、人間は無に等しく、「ひとくきの葦」のごとく弱く悲惨な存在にすぎないが、それは「考える葦」であり、思考によって「宇宙を包む」ことができる。ここに人間の尊厳があり、偉大さがあるという。このような偉大と悲惨、無限と無という相矛盾しあう二律背反のなかで、揺れ動く人間の存在を、パスカルは「考える葦」ということばで象徴させているのである。なお、この句は聖書の「傷ついた葦」(「イザヤ書」「マタイ伝福音(ふくいん)書」)に由来する。

出典元:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

人間の弱さ、人間の思考の偉大さ、その相反する二面性の中で、揺れ動く様を葦にたとえているということでしょう。

そして、この言葉が聖書に由来するということは、日本神話や聖書、古来から葦の存在が、人にとって大きかったということなのでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

昔の人にとっては生活に欠かせない密接なものだったことがわかりました。

確かに、夏のよしずや、すだれを見ると蒸し暑い夏に、少しこころを和ませてくれる風情を感じますね。夏には、よしず江戸風鈴で風流を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

今日も ありがとう


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。