「鯉のぼり」いつ出すの? GW【鯉のぼりイベント】情報もお届け

Pocket

いよいよGWが近づいてきました。

5月5日は「 こどもの日 」のこいのぼりの準備はできましたか?

そう言われても「鯉のぼりっていつ出すものなの?」と迷います。

今日は、こいのぼりを出すのは、「いつ」がいいのかや「飾る意味」についてお届けします。

GWのお出かけにもってこいの、全国こいのぼりイベントも5つご紹介しますよ。

スポンサーリンク

鯉のぼりについて

それでは、早速鯉のぼりを飾る時期についてお届けします。

鯉のぼりはいつ出すの?

実は、こいのぼりには、いつ出すという決まりがありません

では、地域性や一般的にはどうでしょう。

地域のちがいは

お彼岸(3月17日~23日)を過ぎてからすぐに出すというところもあれば、5月に入ってギリギリに飾るというところもあり、地域によってかなりの違いがあります。

一般的にみかけるようになるのは

一般的に、ご家庭の庭や ベランダなどで鯉のぼりを見かけるようになるのは、大体4月の上旬くらいからですよね。中旬を過ぎる頃には、かなり見られるようになります。

5月5日の1ヶ月前の「4月5日過ぎの大安に飾る」という方も多いようです。

これといった決まりはないということなので、お天気の良い、鯉が気持ち良く泳げそうな日を選んで子供と一緒にあげると楽しめますね。

鯉のぼりの意味

こいのぼりとは、見ておわかりのとおり

「鯉(こい)」「幟(のぼり)」の二つの意味が合わさった言葉です。

まず、なぜ「鯉(こい)」なのかというとこちらは、

登竜門などで知られる中国の言い伝えからきています。「鯉が滝を登り、龍門を超えて、龍になり天へ昇った」と言われることから、鯉は立身出世のシンボルなのです。

では、「幟(のぼり)」にはどんな意味があるかというと、

江戸時代の風習で、将軍家に男児が生まれると、幟(のぼり)という「旗」をあげてお祝いする風習がりました。

これが武家に広まって、やがて庶民も真似をするようになり、立身出世のシンボル「鯉」を組み合わせるようになったのです。

GWに出かけよう!鯉のぼりイベント5つ

都会に住んでいると、大きな庭のある家は少なく、マンション住まいの方も多いため、以前ほど、大きな鯉のぼりが悠々と空を泳ぐ鯉のぼりを見る機会はあまりありませんよね。

そこで、全国で開催される「鯉のぼりイベント」をご紹介します。



杖立温泉鯉のぼり祭り(熊本県)

こちらが、全国各地で見られる「鯉のぼり祭り」の発祥の地なのだそうです。

川の対岸にロープをつけたボールを投げ、鯉のぼりを吊してみたのが始まりで、1963年(昭和38年)に始まっています。開始当初は40匹という少数だったのですが、現在は3000匹~3500匹が杖立川の上を泳ぐように掲げられます。

仁淀川紙のこいのぼり(高知県)

こちらの鯉のぼりは、空ではなく川を泳ぎます。

高知の「いの町」の特産品である和紙で作った約300匹の鯉のぼりが、いの町を流れる 仁淀川 の川を泳ぎます。ゴールデンウィーク中は遊覧舟が出て泳ぐこいのぼりのまわりや、周辺を一回りしてくれるという日もあります。

加須市民平和祭(埼玉県)

戦前からこいのぼりの生産量では日本一の埼玉県加須市が、日本一の名産地をアピールしようと始まったのが、このジャンボ鯉のぼり遊泳です。

こちらは、数ではなく大きさがすごいんです。

全長100m、口と目の大きさは直径10m、体重350kgもありあすよ。

いきいき山田 鯉のぼりまつり(千葉県)

里山に囲まれた橘堰の空を約200匹の鯉のぼりが悠々と泳ぐ姿を見ることができます。

その姿は、公園の芝生広場や水辺の遊歩道、牧野の森のてっぺんからものんびりと眺めることができます。

野山の風景に鯉のぼりの泳ぐ姿が、本当に心洗われる景色を作り出します。

泳げ鯉のぼり相模川(神奈川県)

約1200匹が、相模川の豊かな自然をバックに勇壮に泳ぎます。

こちらの鯉のぼりは、相模原市内外から寄せられたものなんですよ。

いかがでしたか?

GWに子供を連れて家族で、

大きな鯉のぼりが泳ぐ姿を見にお出かけしてみてはいかかでしょうか?

小さくても、自分の鯉のぼりを飾ってもらえると、子供はやっぱ喜ぶものです。

どうしようか迷っていて購入していないからと、諦めないでください。ベランダ用鯉のぼりこちらならまだ間に合いますよ。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。