七十二候「霜止出苗(しも やんで なえ いず)」・霜について

Pocket

4月25日からは、七十二候の「霜止出苗」に入ります。

「霜止出苗」とかいて

「霜止んで苗出ず~しも やんで なえ いず~」と読みます。

霜が降りなくなり稲の苗が元気に青葉を出す頃となります。

田んぼでは田植えが始まり、夏の始まりを感じる景色が見える様になります。

今日は、「霜(しも)」についてお届けします。

スポンサーリンク

霜(しも)

霜が降りやすい日は、「晴れた風のない日」です。

霜は、どういう条件の時にできるのでしょうか?

霜はどうやって出来る?

とは、地表付近で空気中の水蒸気が凍ったものです。

空気中の水蒸気が 水になることなく、水蒸気からいきなり氷の結晶に昇華してできます。

同じ氷の結晶でも、

で できた結晶は「」になり、

地上で できた結晶は「」になります。

霜の降りる条件で重要なのは、
「風が弱いこと」「気温4℃以下」ということです。

<風が弱いこと>が重要なのは、

風が強いと空気がかき混ぜられるため、地上付近の気温が氷点下になりにくくなっていまうからです。また、地上付近の湿度が100%になりにくいため霜ができなくなってしまいます。

<気温4°C以下>については、
気象台の観測結果をもとに調査した結果、通常霜が降りるのは4℃以下ということです。

霜は、氷の結晶なので、「気温が氷点下じゃないと氷はできないんじゃないの?」と、疑問に思うかもしれませんが、気温は 地上1.5mの高さで計っています。地上1.5mの高さで気温が4℃くらいあったとしても、地面では 氷点下ということがあるのです。

足元って冷えるなと感じてはいましたが、1.5mほど高さが違うだけて、こんなにも温度に差があるものなんですね。

初霜が降りる時期

初霜が降りる時期は、札幌や青森また東北内陸部では 10月の終わりごろが多いようです。

そして北の方から11月、12月と初霜が降り出します。

南国の沖縄でも、霜が降りる年があるそうで、降りる年は、1月~2月に霜が降ります。

ちなみに、気象台の「初霜の観測」は、「植物など自然のものに初めて霜が降りた日となっています。ですので、車のフロントガラスなどの 人工的なものに霜が降りても、初霜とは認められないのです。

霜柱とは

田んぼや 土の上を歩くとき、霜柱ができていると「ザクッザクッ」という音と、踏む時の感触が楽しいんですよね。

霜と、霜柱は同じ「霜」という言葉にはなっていますが、できる仕組みは全く違います

霜:空気中の水蒸気が凍ったもの

霜柱:地面の中の水分が凍ったもの

では、霜柱とはどんなものか、でき方を見ていきましょう。

① 水が地表に上がってくる

地中に含まれる水分が、毛細管現象によって、土の小さな隙間を水が通って地表まで上がってきます。

② 水が凍る

温度が0℃以上の地中から、氷点下の地面に、水が上がってきてたことで、水が氷になります。

③ 霜柱完成

地表面に氷ができた後も、地下の水は 毛細管現象で次々地面の上に上がってきます。

その水も氷になり続け、押し上げられることで細い柱に成長していったのが「霜柱」です。

では、高級なお肉などのことをよく「霜降り」といいますが、これはどういう意味なのでしょう。

「霜降り」とは

高級肉のイメージがある「霜降り肉」とは、

筋肉のあいだに、脂肪が網目のように入っているお肉のことをいいます。

一般的には牛肉のことを指しますが、豚肉や馬肉などにも使われることもあります。

「霜降り」といえば、この「霜降り肉」を思い浮かべる方も多いと思いますが、霜降り=肉なわけではありません。

1 .霜が降ること。霜の降りること。
2. 霜の降りたような白い斑点のある模様。特に織物で、白い繊維と色繊維を混紡した糸を用いて織ったもの。「霜降りの学生服」
3 .牛肉で、赤身の中に脂肪が網の目のように入り込んでいるもの。霜降り肉。
4. 魚肉や鶏肉をさっと熱湯に通したり焼いたりしたあとすぐ冷水につけ、表面を霜の降りたように白くしたもの。湯ぶり。

出典元:デジタル大辞泉

霜降りという、霜の降りたような白い斑点のある模様があることに驚きです。

さいごに

晩春、暖かな日が続いたあと、急激に気温が低下して降る霜のことを

「忘れ霜」「別れ霜」「名残の霜」などと表現し、俳句の季語になります。

とても美しい光景が目に浮かぶ季語ですね。

遅霜は、農作物に大きな被害を与えるもののため、霜への関心が強かったのかもしれません。

農作物や 稲が伸び伸びと育っていく季節をむかえ、

暦の上では、春が過ぎ、夏を迎えつつあります。

道端に色とりどりの花が咲く姿も目を楽しませてくれる季節になりました。

ガーデニングを楽しめる季節ですね。

庭に花の苗を植えてみてはいかがでしょうか。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。