WEN(ウェン)泡立たない洗髪ってどうなの?

Pocket

「クリーム」で、髪や頭皮の汚れを落とし、頭皮ケアにもなるWEN(ウェン)は、今までの洗髪の常識を覆す商品です。

「泡をたてないで髪を洗うってどういうこと?」疑問に思う方も多いと思います。

また、使ってみたいけれど、どんな商品なのか想像ができないという方も多くいると思います。

そこで今回は、WEN(ウェン)についてお届けします。

特徴や魅力、使用の手順や感想などもご紹介します。

WEN(ウェン)が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

WEN(ウェン)とは?

まずは、WEN(ウェン)について説明しておきます。

「泡立たない」ということは、広告などで 目にしたことがある方も多いと思います。

実は、WEN(ウェン)のヘアケアには、シャンプーはありません。

「泡立たないシャンプー」だと思っている方が多いですが、それは「クレンジングコンディショナー」というアイテムでで、シャンプーではないのです。

WEN(ウェン)の特徴は?

それでは、特徴を順に見ていきましょう。

① クレンジングコンディショナー1つで 5つの機能

WEN(ウェン)のクレンジングコンディショナーは、植物由来の原料を取り入れた女性向けに作られたヘアクレンザーで、これ一つで、シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメント、頭皮ケアという5つの機能を兼ね備えています。

髪の毛だけではなく、 頭皮もあわせてトータルケアできるのです。

髪や頭皮のケアは、気になるけどいろいろするのは 面倒で続かない という方には、ぴったりですよね。

② 植物由来成分配合で保湿もしっかり!

さきほどもお伝えしたとおり、植物由来の原料を取り入れたヘアクレンザーのため、頭皮と髪をしっかりと清浄できるのはもちろんで、「アロエベラ液汁」「カモミールエキス」「ローズマリーエキス」「プルヌスセロチア樹皮エキス」などの保湿成分を配合し、乾燥した髪にうるおいを与えます。

洗浄力ばかりで、後がパサパサの髪では魅力的にはなりません。その点、保湿もしかも植物由来成分でできるというのは嬉しいですよね。

③ 頭皮マッサージ

WEN(ウェン)シャンプーは、 クリーム状で泡立ちません。

そもそも泡立たないので、 泡立てようとゴシゴシこることがありません。クリームを行き渡らせようと、自然と頭皮をまんべんなくマッサージするようになります。

頭皮マッサージは、疲れた心も体もリフレッシュできます。

頭皮と顔の皮は繋がっているため、顔のたるみや肌のハリが気になる方にとっては、髪を洗う時に自然と頭皮をマッサージするのはお肌への良い効果も得られそうです。顔のたるみなどが気になっている方には特におすすめですね。


WEN(ウェン)の魅力は?

では、WEN(ウェン)の魅力とは一体どんなところなのでしょうか?

① セレブもお気に入り

WEN(ウェン)のクレンジングコンディショナーは、多くのハリウッドセレブを顧客にもっているヘアスタイリストのチャズ・ディーン氏によって開発されました。

WEN(ウェン)はハリウッドトップセレブたちのお気に入りなんです。

② 好みで選べるフレーバー

現在、WENウェン公式サイトでは、「アーモンド」「ラベンダー」「ザクロ」「キューカンバー」の4種類のフレーバーが販売されています。(季節や期間限定で、他にも様々なフレーバーが販売されることがあります)

フレーバーそのものを楽しめるのも魅力ですが、フレーバーによって特徴が異なるのも魅力のひとつです。それぞれの特徴はというと、以下のようになります。

  • アーモンド保湿に着目し、扱いやすいクシ通りのよい髪へ
  • ラベンダーうるおいのあるつややかな髪へ
  • ザクロコシのあるしなやかな髪へ
  • キューカンバーしっとりまとまる髪へ

なりたい髪と、自分好みのフレーバーが、ピッタリだったらなお嬉しいですね。

③ 時間短縮

普通、シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメント、頭皮ケアまでのヘアケアをしようと思うと、シャンプーで汚れを落とし、その後リンス、保湿の時間もとって・・・と、面倒だし時間もかかるし大変です。

それがWEN(ウェン)シャンプーなら1本5役なので、 1つで全ての過程が完了します。

ヘアケアにかかる時間が大幅に短縮できますね!


インターネット上や公式HPの「お客様の声」や「口コミ」をチェックしてみると、

「香りが好み」「髪がまとまりやすくなった」という声や「頭皮や髪が洗えているのか不安」などの意見が多いようです。

WEN(ウェン)の口コミなどを参考に、さっそく届いたWEN(ウェン))クレンジングコンディショナーを試してみました!次章で詳しくその様子をご紹介します。

WEN(ウェン)使い方

まずは、頭皮や髪を全体的にしっかりと予洗いします。髪の汚れをシャワーである程度取っておきます。通常のシャンプーをするときと同じですね。

WEN(ウェン)クレンジングコンディショナーを手に出します。
テクスチャーは、透明感のある白い色をしています。シャンプーというより、スキンケア用のクリームのような感じで、なめらかな手触りです。

説明書によると、「ショートヘア」10~15プッシュ、「ミディアムヘア」16~24プッシュ、「ロングヘア」24~32 プッシュが適量です。普通シャンプーだとこんなにプッシュすると手から溢れてしまう量なのでドキドキしますね。

実際、ショートヘアの10~15プッシュでも、女性の手には多くて頭になじませにくくなってしまいます。最初に半分の量をとってなじんだら、残りの半分をなじませるという具合に2度に分けると、なじませやすくなりますよ。適量はあくまで目安なので、自分の手の大きさや、髪の量、長さなどにあわせて使用量を調整していくといいでしょう。

そして、いよいよ頭皮につけていきます。

頭皮全体につけると、徐々にスーッとした爽快感を感じます。泡が立たないので、洗った感が得られないのではないかと思っている方も多いと思いますが、このスーッとする清涼感のおかげで、とてもすっきりしてサッパリ洗った感も十分感じられます。

頭皮になじませながらマッサージを行い、もみほぐします。

次に、クレンジングコンディショナーを毛先までなじませます。

全体になじませたら3~5分おいたら、あとは、しっかり洗い流します。

WEN(ウェン)クレンジングコンディショナーだけでも十分ヘアケアできますが、乾かすときにリペアリングジェルを使うと、更に保湿もできスタイリングもしやすい髪になります。

タオルドライした髪に、10円玉くらいの量を毛先の方からなじませ、ドライヤーで乾かして完了です。

ジェルなので髪につけた直後はベタっとしますが、乾かしていくとサラサラになっていきますよ。サラサラが良いのか、しっとり目が良いのかで、好みの量を調整するといいですね。

さいごに

アメリカからやってきた、セレブに人気のヘアケアWEN(ウェン)についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

市販されているシャンプーと比べると決して安くはありませんが、5つ機能がある事を考えるとその値段にも頷けます。しかも、それだけの評価は得ているようです。

そろそろ、紫外線で髪や頭皮も傷つきやすい季節です。

リッチクリームで髪を洗うという新発想 ≪WEN≫ 60日間返金保証付きなので、髪が気になっているなら、一度試してみるのもいいのではないでしょうか?

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。