『ボタニカル』ってなんだ?

Pocket

SNSやTV、雑誌などで『ボタニカル 』という言葉をよく目にしませんか?

化粧品やヘアケア用品に使われ、なんとく良いイメージがあるのですが、「ボタニカル」ってどういう意味なのでしょうか?

今日は、ボタニカルの意味など、ボタニカルについてお届けします。

スポンサーリンク

ボタニカル(botanical)とは

ボタニカル(botanical)とは、

直訳すると「植物の、植物由来の」という意味です。

単に「植物由来のもの」をさします。

要するに「ボタニカル○○」というのは、植物を活用したアイテムのことのため、「オーガニック」のように、その植物の育て方が化学肥料や農薬を使用しないで栽培した有機栽培の植物である必要は、全くありません。「植物由来のもの」であればいいわけです。

「ボタニカル○○」

ボタニカル○○とよく耳にしますが、それがどういったものかを説明します。

ボタニカル柄

たとえば、花柄や 木の葉などをモチーフにしたものが「ボタニカル柄です。

この「ボタニカル柄」がファッションやネイル、インテリアで使われると

「ボタニカルファッション」や 「ボタニカルネイル」「ボタニカルインテリア」などとなるわけです。

要するに「植物柄」だということですね。

ボタニカルシャンプー

もっともよく聞くのは、このボタニカルシャンプーではないでしょうか。

すごくいいシャンプーのように聞こえますが、実は現在、ボタニカルシャンプーには基準となる定義はありません。とっても曖昧なのです。

植物由来の成分を使っていれば「ボタニカルシャンプー」と言ってなんの問題ないのです。

天然成分100%の配合」でもボタニカルシャンプーと言っていないメーカーもあれば、一方で「植物由来以外の成分を使用」していても、ボタニカルシャンプーと言っているメーカーもあるというわけです。

そもそも「ボタニカル」という言葉が「植物の」という意味なので、植物由来のものが入っていればボタニカルと呼べるのは当然といえば当然です。

呼ぶか呼ばないかの問題です。

ですので、ボタニカルシャンプー使われている成分をみると、植物のタネから摂れる天然オイルである「ホホバ油」や 植物油から摂れる天然の保湿成分の「グリセリン」、ヤシの実由来の成分「コカミドプロピルベタイン」などの植物由来のものが入っています。

でも、これらの成分は、ボタニカルシャンプーに限らず、一般的なシャンプーでもよく使われている成分でもあるのです。ボタニカルと呼ぶか呼ばないかの差だということがよくわかりますね。

さいごに

ボタニカルについてお届けしましたが、いかがでしたか?

ボタニカルだから、いいとか悪いとか、そういうことではありません。

草や木の柄のインテリアなどは、場所を華やかにも穏やかにもしてくれますし、植物は自然を感じる上でもとってもいいですよね。

大事なのは「言葉」で騙されず

自分に合った心地の好いものを選べるようになることではないでしょうか。

今日も ありがとう


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。