『うさぎ』の数え方ってどうだった?最近は呼び方が変わってきてる?

Pocket

よくクイズなどで、「ウサギの数え方は?」という問題が出されますね。

正解は、1羽がなのですが、何度聞いても

「うさぎってどうやって数えるんだったけ?」と考えてしまいます。

鳥でもないのに、なぜウサギは「羽」で数えるのでしょうか?

今日は、うさぎの数え方についてお届けします。どうやら、クイズの答え通りとも言えないようですよ。

スポンサーリンク

うさぎの数え方

まずは、うさぎの数え方「羽(わ)」で、数えられるようになった由来を解説します。

ウサギを「1羽」「2羽」と数える由来

ウサギを「1羽」「2羽」と数える由来は、諸説あります。

明治時代以前は、仏教の教えで獣の肉を食べる事が禁止されていました。

獣を口にすることができない僧侶は、魚や鳥は食べても問題なかったため、二本足で立つウサギを鳥類だとこじつけて、鳥としてウサギの肉を食べるために「1羽2羽」としたという説が有名です。

それに、ウサギの大きくて長い耳が、鳥の羽に見えるからという説もあります。

他にも、ウサギの名前の由来と関係があるという説もあります。

ウサギの「う」は「鵜(ウ)」「さぎ」は「鷺(サギ)」と、鳥の名前が使われている事から「羽」で数えるというものです。

「1匹」「2匹」でも大丈夫?

「1羽」「2羽」が昔からの数え方ですが、最近は、ペットショップなどでペットとして飼われるウサギを「1匹」「2匹」と数えるようになっているそうです。

確かに、他でも1匹という表現のほうがよく聞きます。今は、ウサギを「羽」で数えることは少なくなり、「匹」で数えることのほうが多くなっています。

クイズで出される場合の答えは、やはり「羽」が正解なのでしょうが、

一般的に「匹」と数えても間違いとはいえないようですね。

ウサギは、見た目にも可愛いですが、

昔から、縁起物としても好まれる動物なんですよ。

京都には、「うさぎ神社」として有名な「岡崎神社」があります。

うさぎのかわいい置物にもなる おみくじ や、狛犬も 狛うさぎ になっていたり

うさぎまみれで、うさぎ好きの方に絶対おすすめです!

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。