お中元の時期はいつ?『地域で違う時期』と『 お中元のマナー』

Pocket

夏が近づいてくると、「お中元って贈るのいつごろだったけ?」

と、毎年考えてしまいます。

時期や期間は地域によって異なってくるので、

各地のお中元の時期を把握して、慌てなくてすむよう準備しておきたいですね。

今日は、お中元の時期やマナーについてお届けします。

なぜ地域よって時期が違うのか?

お中元の期間を過ぎてしまったらどうすればいいのか?

お中元におすすめのモノは?

それに、お中元を頂いた時のお礼状の文例も紹介しますね。

スポンサーリンク

お中元の時期

お中元を贈る時期には「いつからいつまで」というマナーがあります。

地域によって差がありますが、一般的な時期は、全国的に7月はじめから7月15日頃になりつつあります。

でも、百貨店のお中元商戦は6月初旬に始まる印象が強く、最近では全国的に 6月中に準備をする方も増えて来ていて、年々早まっている傾向があります。

あまりに早めの時期に贈るときには、事前に送り状を出しておくと親切ですね。

地域別 お中元の時期

一般的には、7月初旬から7月15日頃までがお中元を贈る時期と説明しましたが、地域によって違いがあります。大きく分けると関東と関西で違ってくるのですが、各地域別にお中元の時期を解説します。

■関東 7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃)

明治の改暦の際、新暦をもとにしたためこの時期になったと言われています。

■関西 7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

明治の改暦の際、旧暦をもとにしたためこの時期になったと言われています。

■北海道 7月15日~8月15日

旧盆の期間にかかるこの時期が、北海道のお中元期間とされていますが、年々早まってきているのが現状のようなので、迷ったら、全国の一般的な期間と重なっている7月15日を目安に贈るとよいでしょう。

■東北 7月1日~7月15日

東北地方は関東と同じです。

■北陸・甲信越 7月1日~7月15日(場所によって7月15日~8月15日)

場所によって、関東と関西の違いと同じく、

大きく違う地域があるので、迷ってしまいますね。

例えば、金沢などでは関東地区と同じ7月1日から7月15日が一般的で、能登などでは 7月15日から8月15日が一般的なのだそうです。どちらの地域なのか迷ってしまった場合は、7月15日そ目安に贈りましょう。

■中国・四国 7月15日~8月15日

この地域でも、北海道都同じく、お中元を贈る時期は年々早まる傾向にあるようです。
この期間を過ぎたら8月16日から9月上旬まではになるよ。

この辺りの地域は、暑い時期が長いため9月上旬に残暑見舞いとして贈ることもあるようです。

■九州 8月1日~8月15日

全国の中で、最もお中元の時期が遅いですね。

九州にお中元を贈るときは時期には注意しましょう。

■沖縄 変動する!?

沖縄では、いろんな行事を旧暦を基準に行うことがほとんどです。
旧暦に合わせるため、毎年お盆期間がかわります。それに合わせてお中元を贈るので、お中元の時期も年によって違ってくるというわけです。

基本的には、お盆までに贈るのがマナーですので、今年の沖縄のお盆はいつなのかをよく調べしてから贈りましょう。



お中元の時期が過ぎてしまったら

お中元の時期を過ぎてしまった場合

のしの表書きの御中元という表記を暑中御見舞

さらに過ぎてしまったら残暑御見舞とします。

東日本の場合:7/16~立秋(8/7頃)に届くものを「暑中御見舞」、それ以降を「残暑御見舞」
西日本の場合:8/16以降の期間に届くものを「残暑御見舞」

と、します。目上の方に送る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」と書きます。

遅くても8月中に贈るのが一般的なマナーです。

「お中元」の由来と時期の地域差の理由

お中元は、今ではお世話になった方に感謝の気持ちを伝えるための風習ですが、そもそもは、道教の年中行事である「中元」が起源とされています。

これに日本古来の先祖供養の風習が融合し、親類縁者などへお供え物を配る習慣ができたと言われています。

江戸時代には、感謝の気持ちを込めた贈りものへと変化し、お世話になった方に贈る習慣として定着しました。

しかし、地域によってお盆の期間に差異があるため、 お中元の時期の違いがうまれたのです。

お中元の金額の相場は?

お中元の金額は、安すぎるのはもちろん失礼になりますが、高すぎても相手の負担になってしまいます。ですので、適切な金額をしって贈りたいですね。

一概には言えませんが、一般的な相場は 3000円~5000円、関係によって10000円程度と言われます。

  • 知人:2000円~4000円
  • 親戚 上司:3000円~5000円
  • 特にお世話になっている人:5000円~1万円

上記の相場が一般的の目安となります。

喪中でもお中元は送っていい?

自分が喪中だったり、相手が喪中の場合、お中元を贈ってよいのか迷われる方もいらっしゃると思いますが、お中元は特に贈っても特に問題はありません。

ただ、不幸があってあまりにも時間が経っていない場合は、すこし時期をずらすのも心遣いと言えるのではないでしょうか。

お中元にお返しって贈るの?

お中元を貰ったら返さないといけないように思われるかもしれませんが、返さなくてもマナー違反になるわけではありません。

ただし、お中元に対してお中元を返すのではなく、お礼の連絡をして、お礼状を書くのがおすすめです。暑中見舞いや 残暑見舞いとしてハガキでも大丈夫です。

では、お礼状の例文を1つあげておきましょう。

<<お礼状の文例>>

拝啓

暑い日が続きますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度は結構な品をいただき、ありがとうございました。
おいしい○○、家族一同とても喜んでおります。
これから暑さも本格的になってまいりますが、くれぐれもお体を大切になさってください。
略儀ながら、書中にて御礼申し上げます。

簡単でも、贈ったものを家族で楽しんだ様子などを文章でいただけると、贈った側もまた嬉しくなるものですよね。

迷ったら参考にしたい、お中元に人気の商品は?

お中元は、お供え物の意味をもっていたこともあり、贈る品は食べ物が中心となります。

でも、まずは喜んでいただけるものを選ぶことが大切なので、食べ物じゃないといけないということはありません。

お中元に人気の贈り物

やはり夏らしさを感じさせてくれるものが人気です。

●旬のフルーツ

メロンやスイカ、桃、マンゴーなどは、夏らしさもそして涼しさも感じることができますね。

●スイーツ

スイーツといっても、特に人気なのは清涼感の感じられる、アイスクリームやゼリーです。

旬のフルーツを使った和洋菓子も人気です。

●ドリンク

定番のアイスコーヒーや 夏といえばビール、そして家族で楽しめるサイダーなども人気です。

●夏らしい食材

夏といえば、素麺(そうめん)などの麺類や、鰻(うなぎ)も人気です。

食欲の落ちる夏にササッと手軽にツルツルっといただける麺や、体力をつけていただけるように鰻も嬉しいですよね。

●夏を感じる日用品

食品ではないもので人気なのは、金魚や花火など、夏ならではの絵柄の日用品もおすすめです。夏のあいだ、インテリアとして飾っていただけると嬉しいですね。

最近では、お盆の時期をあえてはずして夏期休暇を取る会社も増えてきていますので、お中元の時期は、贈る相手先が旅行などで長期不在の可能性もます。

生ものや冷凍食品を贈るときには注意が必要です。

予め先方のご予定を確認しておくといいですね。



こちらの「服部幸應のお取り寄せ」の取り扱い商品は、料理評論家の服部幸應さんが全て実食して納得したものになっています。

しかも、無添加や有機栽培などのものを厳選してくれているので、食に気を使われている方への贈り物としても大変喜ばれますよ。

さいごに

いかがでしたか?

地域によるお中元の時期を見てきましたが、お中元は自分の住む地域とは違う地域に届けられることも多く、お相手の住む地域に合わせて贈るのですが、年々その地域差は曖昧なものになってきています。

全国的に、段々東日本の時期に合わせて、時期が早くなってきている傾向にあります。

本来の風習通りの期間に贈るのが無難ではありますが、あまり囚われすぎて神経質になることはないでしょう。

感謝の気持ちを込めて贈って、喜んでいただけるのが一番です。

夏の感謝の気持ちの使え方としては、もうひとつ「暑中見舞い」がありますね。暑中見舞については、こちらの【6月15日は「暑中見舞いの日」かもめ~る発売中!存在感薄いけど賞品が当たる抽選もやってますよ】を参考にしてください。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。