5月の京都大原三千院に行ってきました

Pocket

週末に京都大原にある天台宗三千院に行ってきました。

天気もよく、相変わらず参拝客も多く人気のお寺でしたよ。

三千院で有名なのは、苔むしたお庭にある「わらべ地蔵」です。

往生極楽院南側の弁天池脇に小さなお地蔵さまたちが佇んでいます。

「わらべ地蔵」と名づけられたこのお地蔵さまたちは、石彫刻家の杉村孝氏の作です。



久しぶりに訪れたのですが、

このところの晴天と、暑さ続きのせいか、お庭の苔に輝きがありませんでした。

以前は「わらべ地蔵」も、もっと苔むしてお庭のコケと一体に見えた印象でしたが今回は、苔むしている様子は見ることができませんでした。

やはり、苔のお庭が映えて見えるのは、雨上がりだなと実感です。

大原三千院は、たくさんの紫陽花も楽しめるお寺です。

紫陽花は、そろそろ咲く用意が出来ている感じでしたよ。

これから6月に入ると、梅雨に入り雨も多くなりますね。

6月には紫陽花も満開、苔も艶やかに潤い、イキイキとしたお庭になることでしょう。

梅雨や雨というと、うっとうしいなと思いがちですが、

雨の季節だからこそ楽しめるものや景色もあります。

そんな時期に、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。