6月を『水無月(みなづき)』と呼ぶのは なぜ?

Pocket

6月は、別名「水無月(みなづき)」と呼ばれます。

梅雨の時期に入り、水が無いどころか、一年のうちで1番水があるころの月を

水が無い月と書いて、みなづきと呼ぶのかサッパリ意味がわかりませんね。

そこで、今日は

6月が「水無月(みなづき)」と呼ばれる由来や、その他の6月の呼び名をお届けします。

スポンサーリンク

水無月(みなづき)の由来

その名の由来には、いくつかの説があります。

順にご紹介していきます。

「無」って書いてるけど「ない」って意味じゃない?

6月というと、毎日のように雨が降る梅雨を連想しますね。
それなのに、なぜ「水無月」となったのでしょう?

実は、ここで使われる「無」「無い」という意味ではありません

連体助詞「の」の意味で使われているのです。

つまり

見てそのままに「水の無い月」と捉えるのではなく、

無=の」で、「水の月」ということになります。

「水の月」と読むと、水がない月ではなく、水が潤っている月と読み取ることができますね。

でも、やっぱり水がない月!?

水が無い月ではないと言う説をご紹介しましたが、

実は、水が無い月説もあります。

「水無月」という呼び名は、旧暦の6月を指します。

陰暦の6月は、新暦に当てはめると6月下旬〜8月上旬くらいになります。

この頃は、田んぼに水を引く時期になります。

田んぼに水を引くと、田んぼ以外には水は無くなるわけですから、
そこから「水無月」としたという説です。

それと、

8月上旬ぐらいの時期に当たることを考えると、

単純に、暑さや日照りで水が枯れてしまう時期になります。

そのため「水無月」としたという説もあります。

6月の別名・異称

6月の別名は他にもありますので、見ていきましょう。

●水張月(みづはりづき)

田んぼに水をはる時期を意味しています。

●皆仕月(みなしつき)

田植えも終わり、農作業を「すべてしつくした」という意味です。

●季夏(きか)

「夏の終わり」を意味します。「季」という字が「終わり」を指しています。

●風待月(かぜまちづき)

暑くなり、風が待ち遠しいという意味です。

●蝉羽月(せみのはつき)

暑くなってきて、セミの羽のように薄い衣を着る月という意味です。

他にも、暑月(しょげつ)晩夏(ばんか)・常夏月(とこなつづき)・炎陽(えんよう)など、いかにも暑い夏を思わせる呼び名があります。

さいごに

6月「水無月(みなづき)」についてお届けしましたが、

いかがでしたでしょうか。

「水が有る月」と「水が無い月」真逆の説がありましたが、

梅雨の季節である6月をなぜ「水がない月」と呼ぶのか不思議に思っていた方にとっては、

「水の月」という説も

「田んぼ以外には水が無い」や「水が枯れる時期」という説も納得できる説で、

「6月=水無月」が少しは、結びつきやすくなったのではないでしょうか。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。