二十四節気『芒種(ぼうしゅ)』

Pocket

6月6日は、二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」です。

期間で言うと夏至の前日までが、「芒種(ぼうしゅ)」となります。

「芒種(ぼうしゅ)」とは、

稲などの 禾(のぎ)のある穀物(こくもつ)の種を蒔くころという意味です。

天文的には、太陽黄経が 春分の0°から75°になり「芒種」を迎えます。

6月に入った今頃の時期に、稲などの種をまくと聞くと、とっくに田植えの時期は過ぎているのにと違和感を感じるかもしれませんが、二十四節気のひとつである「芒種(ぼうしゅ)」は、旧暦を使用していたころに生まれました。

そのため、新暦の現在で「芒種(ぼうしゅ)」は6月5~6日頃になりますが、旧暦では4月下旬~5月初旬頃を指していたことになります。旧暦に当てはめると、ちょうど田植えの時期を指していることがよくわかりますね。

でも、新暦に当てはめた「芒種(ぼうしゅ)」は、稲などを植える時期というよりは、梅雨に入り雨が本格化する時期と言ったほうが、当てはまる気がします。

これからの季節は、しっかり湿気対策などしておかないと、家の外に居ても家の中にいてもジメジメして気持ちまでブルーになってしまいます。

油断して、カビが繁殖なんてことになると、体の不調にも繋がりかねません。

湿気対策をして、家の中を快適で

家族がにこやかに過ごせる生活環境に整えましょう。

今日も ありがとう



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。