七十二候「乃東枯(ないとうかるる)」

Pocket

6月21日~25日までは

七十二候「乃東枯(ないとうかるる)」です。

6月21日から二十四節気では「夏至(げし)」が始まります。

そして、夏至の初候が「乃東枯(ないとうかるる)」になります。

「乃東枯」は「ないとう かるる」と読みます。

「なつかれくさ かるる」ともよみ、

「夏枯草(かごそう)」とよばれる「ウツボグサ」が枯れる頃という意味です。

スポンサーリンク

夏枯草(かごそう)~ウツボグサ~

ウツボグサは、冬に芽をだし、夏に枯れます。

昼がいちばん短く 夜がいちばん長い日『冬至』の初候には「乃東生(ないとう しょうず)」、ウツボグサが芽を出し始める頃があり、そして昼がいちばん長く 夜がいちばん短い『夏至』の初候に「乃東枯(ないとう かるる)」のウツボグサが枯れる頃があるのです。

シソ科のウツボグサが、実際に花を枯らすのは8月ごろで、夏至のころは写真のような薄紫の花を咲かる時期です。



夏に枯れた花穂を採取して乾燥させると、これが生薬となって「夏枯草(かごそう)」と呼ばれます。この生薬は、利尿、消炎作用の生薬となります。

七十二候の冬と夏に登場する夏枯草(かごそう)は、

季節を感じるというだけではなく、枯れたあとも大きな役目をもつ植物だったんですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。