日本三大祭りのひとつ大阪「天神祭」船渡御・陸渡御・花火・ギャル神輿と見所盛り沢山!

Pocket

大阪の「天神祭」は、東京の「神田祭」京都の「祇園祭」とともに、日本三大祭りの一つと言われています。

毎年130万人もの人が訪れる、大阪の夏を感じるお祭です。
天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に行われるお祭りです。

スポンサーリンク

天神祭

開催は、毎年

宵宮:7月24日

本宮:7月25日

と、定められています。

船渡御・陸渡御の他、天神祭ギャルみこしや、奉納花火なども天神祭を賑わす行事としてすっかり定着しています。

船渡御や、奉納花火が川で行われるため、ついついメインはそちらだと思ってしまいますが、祭りの中心は「大阪天満宮」で祀られている「菅原道真公」です。

本宮の日に行われる陸渡御、船渡御は、有名ですが、実はこの巡行は、市内の繁栄ぶりを道真公の御神霊に見ていただき、さらなる繁栄を祈願するために行われるのです。

今日は、水都大阪を代表するお祭り「天神祭」についてお届けします。

陸渡御

そもそも、渡御とは、神様がお出ましになるという意味があります。

陸渡御は、陸路で氏地を巡ります。

大阪天満宮の氏子・崇敬者たちで結成された団体が、渡御の御供を行う行列を仕立てます。

この陸渡御は、催太鼓を先頭に、神様がお乗りになる御鳳輦を中心に行列が進んでいき、鳳神輿、玉神輿が渡御列の最後を飾ります。

そして、陸渡御が終わると、船渡御が開始されます。

船渡御

天神祭は、

天満宮御鎮座の翌々年、天暦5年(951年)に社頭の浜から神鉾を流して、流れついた浜に御旅所を設け、禊(みそぎ)を行なった時に、神領民や崇敬者が船を仕立てて奉迎したのが、始まりだと言われています。

現在は、船渡御で航行する船は100隻ほどだそうです。

船渡御の船上では、

神様に氏子や市民の暮らしぶりをご覧いただき、御加護を祈願する「水上祭」が行われています。



奉納花火

神様にご覧頂くために、本宮の日に打上げるのが「奉納花火」です。

ちなみに、6月頃に大阪天満宮を訪れると「奉納花火」の申し込みを受け付けています。

船渡御が始まり、辺りが暗くなってくると、神様にご奉納する華麗な打上げ花火が開始されます。花火は、大川をはさみ2ヵ所から打上げられます。

この頃になると、船渡御と花火を見る為に集まった人たちが、いいポジションに到着できずに、橋の上で、微妙に進む人の流れの中で、空を見上げて益々身動きがとれなくなります。

天神祭ギャルみこし

毎年、天神祭宵宮の前日、7月23日に天神橋筋商店街を巡行するのが「天神祭ギャルみこし」です。ギャルみこしを担ぐのは、一般応募で選出されたギャル達です。

この巡行が終わると「ミス天神橋」が選ばれ、天神祭以外にも様々なイベントに出演することになるんですよ。

いかがですか?

もうそろそろ、全国的に夏祭りのシーズンがやって来ますね。

人ごみは大変ですが、昔ながらの地元の祭りを楽しむのもいいものですよ。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。