オレンジ色じゃない、スーパーフード「黒人参」とは

Pocket

人参の色といえば「オレンジ」が思い浮かびますよね。

オレンジといっても、少しずつ色合いは違ってはいますが、鮮やかな色が印象的なやさいです。ところが、「黒人参」というのがあるのをご存知ですか?

今日は、黒人参についてお届けします。

スポンサーリンク

スーパーフード黒人参

上の写真が、黒人参です。

特に切った状態のものをみると、黒というよりは、濃い紫といった感じです。

でも、これが人参だとは思えない色をしています。

黒人参は、

歴史の古い野菜で、3000年ほど前から、アフガニスタンで栽培されていたのだそうです。それが、ヨーロッパに伝わって栽培されるようになり、現在の主な生産国はトルコ共和国となっています。日本であまり見ない野菜というだけではなく、限られた環境でしか育たないため、国際的にもレアな野菜となっています。

この黒人参には、どのような効能があるのでしょうか?

黒人参の効能

黒人参には、ふつうの人参に含まれているベータカロチンも豊富です。抗酸化作用が強いため、アンチエイジングにも有効といわれています。ベータカロチンは、体の中で、必要な分だけビタミンAに変換されて、皮膚や粘膜を健康に保つ働きも持っています。

そして、紫色の成分である“ポリフェノール”も豊富です

ポリフェノールといえば、ブドウにも含まれる色素ですが、こちらも抗酸化作用が強く、美肌効果も期待でると言われます。

皮の部分も栄養分が豊富なので、皮はむかずに食べるのがポイントです。

人参の葉の部分は、根より栄養分が豊富です。

ビタミンAは、根の部分の2倍以上

たんぱく質は、根の3倍

カルシウムは、根の5倍 含まれています。

葉の部分にはその他、鉄分・ビタミンC・脂質も含んでおり、多くの成分をバランスよく摂取することができます。葉の部分も刻んで、かき揚げなどにしたり、乾燥させてドライパセリのようにも使えます。

普通にスーパーでは、見たことがありませんが、近所の自然食品専門スーパーにはありました。なかなか手に入れる機会はないと思うので、見かけたら是非一度買って食べてみてはいかがでしょうか?ネットで買えるお店を見つけたので、食べてみたい方はどうぞ試してみてください。

人参なのに真っ黒なんておしゃれ!注目の美容野菜【黒人参】(約250g)

いろんな変わった食べ物が、昔から世界中にあるんですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。