暑い夜「エアコン」は、一晩中つけっぱなし?我慢してタイマー?

Pocket

まだ7月だというのに、メチャメチャ暑い日が続いていますね。

日中の暑さもすごいですが、夜も早くも熱帯夜になっています。

こんな熱帯夜に皆さんは、エアコンどうしていますか?

暑さを我慢して、タイマーを設定して寝ます?

我慢なんかできないから、一晩中つけっぱなしですか?

そもそも、エアコンって、つけっぱなしで寝てもいいのでしょうか。それともタイマーをかけたほうがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

快適な眠りを得るためのエアコン設定

昔エアコンは体に良くないと言われたような記憶がある方は、結構多いと思います。そのせいか、睡眠中エアコンを使用するのは、身体によくないと思っている方も多いのですね。特にご年配の方などは、エアコンは体に悪いからと日中のエアコンでさえ控える方が多いです。

でも、「28℃を超えるような暑さは、睡眠の質が妨げになる」ということが分かっています。つまり、熱帯夜の夜にエアコンなしで寝るということは、快適な睡眠はできないということです。

また、快眠できないというだけでなく、熱中症のリスクも上昇しますので、夏はエアコンを積極的に活用するべきです。我慢をして、寝不足で体調を崩したり、熱中症で病院に運ばるれ様なことになっては、もともこもありません。(実際、夏寝ている間に、熱中症になって亡くなった方も知り合いにいるので、本当に気をつけてください)


タイマー設定で寝ていても、「タイマーが切れるたびに目が覚めて、またつける」なんてことを繰り返すのは結局寝不足の基になります。本格的な夏には、タイマー設定ではなく、ひと晩中エアコンはつけておく方が、理想的です。

ただ、その時に気をつけていただきたいのは、キンキンに寒い温度設定で、一晩中エアコンをつけるのはやめましょう。

温度は27℃設定が理想的です。

風量は「微」か「弱」に設定しておきましょう。

また、風の向きは、直接身体に当たらないように設定しましょう。

また、寝室に入った時に、部屋が暑いと、結局暑くてなかなか眠りにつくことができません。ベッドに入った途端に気持ちよく眠りたいのであれば、就寝30分程度前にエアコンのスイッチを入れて寝室の温度を下げておくと、快適に眠りにつくことができます。

扇風機やサーキュレーターも使おう

夏の快適な寝室づくりにはエアコンだけでなく、扇風機やサーキュレーターの併用がポイントになります。冷たい空気は下に、温かい空気は上にと空気はどうしても淀むので、扇風機やサーキュレーターを使って循環を良くしてあげることで、快適な室温の維持できます。

実際、夜のエアコン設定温度を27°Cと聞くと、いくら夜でも暑いでしょうと思う方もいるかもしれませんが、この温度で、エアコンをかけて、扇風機などをゆる~く回しておけば、途中暑くて目が覚めるようなことはありません。

扇風機やサーキュレーターの役割はあくまで空気をかき混ぜることなので、体に直接あたらないように、エアコンの送風口や天井などに向けて使いましょう。




これからどんどん暑くなっていく夏を乗り切るためには、質の良い睡眠がとれているかどうかは、とっても重要ですよ。

工夫して、毎日の快眠を手に入れましょう!

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。