『肴(さかな)』の由来と、「つまみ」「アテ」との違い

Pocket

よく「酒の肴(さかな)」といいますが、

なぜ、普通の「魚(さかな)」という字ではないのでしょうか?

酒の肴意外にも、「酒のつまみ」や「酒のアテ」などの言い方がありますが、違いはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

「酒の肴(さかな)」の由来

言葉の由来

『肴』の由来は、『酒菜(さかな)』です。

酒菜(さかな)とは、何を表しているかというと、それぞれの字が

酒 → 酒

菜 → 食べ物

を表しているので、

つまり酒を飲む時の食べ物(おかず)という意味になります。

なぜ「肴」という字になったのか?

まず、『肴』という漢字の成り立ちを知る必要があります。

「肴」という字は

爻(コウ):交ぜる、組み合わせるの意味

月(ニクヅキ):魚や獣の肉を表している

から、出来ています。

つまり『肴』という字は「料理」そのものを表している漢字なのです。

ここから考えると「肴(さかな)」という言葉の語源は

『酒菜(さかな)』という響きを、料理を意味する『肴』と言う字にあてはめたと言うことになります。

「つまみ」「肴」「アテ」の違い

肴(さかな)について解説しましたが、

酒の肴のことを他にも、つまみや、アテと呼びますね。

なにか違いがあるのでしょうか?

実は、呼び方は違いますが、意味としてはどれも同じ違いはありません

「つまみ」

「おつまみ」「つまみ」は、お酒を飲む時に「つまんで食べられるもの」というところからきています。このため、このため「つまみ」というと、素手で食べられるものを表すことが多いです。

ですので、厳密に言うと、

酒の肴は、料理されていてお箸でいただくことが多いので、そういう意味では、「肴」と「つまみ」は少し違いがありますね。

「アテ」

アテと、言われても何のことかわからない方も多いと思います。

実は、「アテ」は関西で使われる言葉です。

お酒を飲む時に「あてがう料理」からきています。

「料理」ですので、「肴」と同じですね。

たまには、「たっぷりウニを肴」になんて贅沢もしてみたいですね!

しめのウニ丼とか、たまりません。

うに 冷凍 生うに 無添加 100g×10パック 1kg 最高級Aグレード。うに丼約20杯分【ウニ ウニ丼 刺身 うにパスタ うにスパゲッティ うに軍艦 いちご煮 海鮮丼 手巻き寿司 寿司ねた 築地市場 ギフト】【あす楽】rn

さいごに

ちなみに、さかなと言えば、「魚」という字をまず思い浮かべるため、もともと「魚」を「さかな」と読んでいたと、思っていましたが、実は、「肴(さかな)」のほうが先なのです!

江戸時代以降に、酒の肴(さかな)として、魚肉が食べられるようになり、生きてる魚(うお)のことも、『さかな』と呼ぶようになったのだそうです。

「どっちが先か?」ということで言うと、

赤いスイカ・黄色いスイカ」や「普通のトマト・ミニトマト」と同じように

驚くことは、まだまだたくさんあるのかもしれませんね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。