「紫外線対策」と「眩しさ対策」サングラスは同じでいいの?

Pocket

急に夏本番の暑さになりました。

夏の紫外線対策グッズとして、クリアレンズのサングラスが流行しています。

要するに、透明だけど紫外線をカットするというサングラスです。

今日は、紫外線対策の時と、眩しさ対策の時のサングラスの選び方をお届けします。

まずは、対策のために光の特徴を知りましょう。

スポンサーリンク

光線の特徴

人間界で影響を受ける光線を大雑把に分類すると以下の3つになります。

  • 紫外線
  • 赤外線
  • 可視光線

紫外線は、元々見えない光ですから、紫外線がどんなに強くても、それを見ることはできません。そして、可視光線は、文字通り「見える」光です。

眩しさと紫外線の原因は?

眩しさの原因

人間の肉眼に見える光線(可視光線)のうち、特定の波長(色)の光量が強すぎることによる

紫外線関連の原因

人間の肉眼には見えない光線(不可視光線)が与えるもの

では、ここまでの光線の特徴から、サングラスの選び方を考えてみましょう。

サングラスの選び方

眩しさを起こす光線と、日焼けなどを起こす光線は、違うということは、眩しさ対策をしたいのにUVカットのサングラスをしたり、紫外線対策をしたいのに眩しさカットのサングラスをしても意味がないということになります。

では、それぞれの対策にあったサングラスとは、どのようなものでしょうか。

眩しさ対策

色つきのレンズのサングラスを選びましょう。

用途に合わせて必要な濃さのレンズを選択することをオススメします。例えば「真夏に太陽の眩しさを軽減したい」ということなら、できるだけ濃度の濃い色の方が良いというような具合です。(色が濃くなくても光を軽減してくれるレンズもあります)

紫外線対策

透明のサングラスの方が効果的です。

特に、日焼けに関していえば、朝の某番組で、

黒・薄いブルー・透明の3色のサングラスをかけて、同じ時間日光を浴びた場合の「日焼け」を測っていましたが、結果はというと、日焼けした順で

黒 → 薄いブルー → 透明

でした。

どの色のサングラスを選ぶにしても、必ず、紫外線を透過させない機能のあるレンズを選びましょう。その機能がないのに濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性があります。

また、大きく目の周囲をカバーできて、かつサングラスと 目の間に隙間ができないものを選ぶと、全体的にカバーできていいでしょう。

でも、せっかくサングラスをするのであれば、両方を兼ね備えたサングラスをお選ぶのがいちばんですね。そういう場合は、ハイドレンズ(HYDEレンズ)が、おすすめです。

透明ではなく、うっすらと何となく色がついています。うっすら色がある程度ですが、眩しさをカットしてくれます。その上、UVやブルーライト対策もされています。

眩しさ対策にサングラスを検討されている方は、昼間の太陽の眩しさだけではなく、車を運転するときの夜のライトが眩しくてたまらないという方もいらっしゃると思いますが、このレンズであれば、うっすらとしか色がはいっていないので、夜かけて運転をしても大丈夫です。ライトの眩しさもしっかり軽減してくれますよ。

【送料無料】HYDEレンズ(乾レンズ),ハイドレンズ,[1.60球面,度付き対応,]青色光(ブルーライト)を除去して快適な視界に変える「ハイドレンズ」(UVカット,撥水コート付), 2枚1組/眼鏡レンズ,眼鏡用レンズ,度付レンズ,度付きレンズ, レンズ交換 メガネ 度入り,

いかがでしたでしょうか?

目が疲れると、頭痛や肩こりなどを併発することもあります。

しっかり対策をして、快適に過ごしたいですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。