個人タクシーに忘れ物した?諦めないで!意外に簡単『探す方法』

Pocket

先日、タクシーに忘れ物をしました。

「はっ!ない!」と、気づいたときには、もう遅くとっくにタクシーは走り去った後・・・。

こういう時、

タクシー会社がわかっていたり、領収書を発行してもらっていたり、タクシーのナンバーを覚えていれば、すぐに連絡先がわかりますが、

乗っていたのは、個人タクシー!!

領収書なんてもらってない!!

乗ったタクシーのナンバー覚える人なんているの!?

と、いう状況でした。

でも、調べてみると意外に簡単に連絡する方法があるもので、忘れ物はきちんと戻ってきました!有り難いことです。

そこで、今日は個人タクシーに忘れ物をしたときの対処法をお届けします。

スポンサーリンク

個人タクシーで忘れ物

個人タクシーと限らず、忘れ物をした場合には、まず先にやっておくべきことがあります。

忘れ物をしたことに気づいたら

忘れ物が「傘」や「ポーチ」などの場合は、すぐ探し始めればいいですが、落し物が、財布やスマートフォンなどの貴重品の場合は、まずは必要箇所に連絡をしましょう。

たとえば、以下のような連絡です。

クレジットカード:クレジットカード会社に連絡、カードの機能を停止

スマートフォン・携帯電話:携帯会社に連絡、遠隔でリモートロック

各種ICカード:各会社に連絡、機能を停止

タクシーの運転手さんが忘れ物に気づいてくれればいいですが、運転手さんが気づく前に、タクシーに乗った客が、忘れ物を見つけ、そのまま持ち去ってしまう恐れもありますので、気づいた時点でなるべく早く対処することをオススメします。

では、次に個人タクシーの連絡方法を説明します。



まずは、「個人タクシー協同組合」「個人タクシー協会」

個人タクシーには、各地に「個人タクシー協同組合」と「個人タクシー協会」があります。「都道府県名 個人タクシー」で検索すれば見つかります。

ちなみにこちらが、(社)全国個人タクシー協会と、全大阪個人タクシー協同組合のリンクです。全大阪個人タクシー協同組合の公式HPの場合は、「車内へのお忘れ物のお問い合わせはこちら」とわかりやすい場所に案内があり、webのフォームからお問い合わせも可能になっています。

ただ、問い合わせフォームを利用するよりも、電話の方が早いので、電話をすることをオススメします。その場で忘れ物の届けがあるかどうか確認してもらえます。

問い合わせをしたら、「乗車した日時」「乗車した区間」「忘れ物の特長」などを伝えます。

ここで、1点注意があります。

「個人タクシー協同組合」「個人タクシー協会」への忘れ物のお届けは、義務ではありません。個人タクシーにお客様の忘れ物があった場合、協会・組合にその忘れ物を届けなければいけないわけではないのです。実際、今回の個人タクシーへの忘れ物もタクシー協会に電話しましたが、届けられていませんでした。

では、そんなときは、どうしたらよいのでしょうか?

最寄りの警察・交番

さきほどお伝えしたように、協会・組合に届けなければいけないわけではなく、代わりに最寄りの警察や交番に届ければ良いことになっています。どちらかに届ければ良いというわけですね。

ですので、警察、交番にも連絡をしてみましょう。

・・・って、言われても

最寄りの警察って、「乗った場所の最寄り?」「降りた場所の最寄り?」と迷いますよね。

連絡をする警察は、どこでも大丈夫です。

落し物が、どこかの警察・交番に届けられると、全てに連絡がされるため、どこの警察に連絡しても分かるようになっています。しかも、警察に行かなくても、電話して聞けば教えていただけます。

今回の個人タクシーでの忘れ物は、警察に電話をして見つかりました。

乗った場所でも、降りた場所でもなく、すぐに電話番号がわかった警察に電話をしてみました。すると、「○○警察に届けられていますよ」と教えていただけました。大変助かりました!

Webで警察に届けられた落し物を検索できる

実は、警察庁の公式ページには、【都道府県警察における遺失物の公表ページ】というものがあります。こちらで、サクサクっと検索することもできますよ。

ただ、こちらのページに落し物が掲載されるタイミングは、遺失物として届出があってから、3~4日後になるようなので、大切なものや急ぎのものは、公表されるのを待つよりも電話等で早めにお問い合わせすることをオススメします。

以下が、【都道府県警察における遺失物の公表ページ】です。

https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/consultation/ishitsubutsulink.html

さいごに

タクシー会社がわかっている場合も、まずは貴重品の場合は、必要箇所に連絡して停止などをしましょう。

その次にタクシー会社に連絡をします。

タクシー会社がわかっている場合でも、タクシー会社は、貴重品など、忘れ物によってはすぐに警察に届けることもあります。また、一週間保管した後は、最寄りの警察署に届け出ますので、やはり警察にも連絡をしてみたほうがいいでしょう。

スマフォや携帯に電話してみる方もいると思いますが、プライバシー保護のため、忘れ物のスマホや携帯に着信があっても、タクシー会社の人が直接電話にでることはしませんので、注意してくださいね。

日本のタクシーでの忘れ物は、なんとかなりますが、

海外でタクシーに忘れ物したりしたら大変です。そんな時に、今話題のPOCKETALK(ポケトーク)があれば、大助かりですよ!




まずは、忘れ物をしないのが一番です。

タクシーを降りるときには、しっかり周りを確認しましょう。




今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。