「最終の新幹線で寝過ごした!」そんな時の対処方法

Pocket

いま時の出張は、日帰りが多く、

平日の最終の新幹線は、出張帰りのサラリーマンがたくさん乗っています。

取引相手と呑んだあと、最終の新幹線に飛び乗るなんて方も結構います。

そうなると、1日の疲れと、乗り物で揺られるのと、お酒のチカラで、新幹線に乗った途端に熟睡……。「お客さん終点ですよ~」なんて、起こされて、やっと乗り越したことに気づくなんてことになるものです。

いえ、私は1度もありません。

でも、旦那さんは何度もあります。

繰り返しますが、一度じゃありません。何度もあります。

それはさておき、はじめてそんな事が起きた方にとっては、

最終で「引き返す電車もない」し、「乗り越し料金」とか、「引きかえす料金」とか、どうしたらいいの!?と、困ってしまいますよね。今日は、そんな時の対処方法をお届けします。

スポンサーリンク

最終の新幹線で乗り越した時には

まず最初にすることは、

車掌さん、駅員さんに伝える

まず、何をおいても一番にするべきは、車掌さんや駅員さんに乗り越してしまったことを伝えることです。

伝えないと、何も始まりません。

と、いうか受けられる措置を放棄して、わざわざ無賃乗車という犯罪を犯したことになってしまいます。

きちんと説明して認められれば、JRも こういう時のための対応を用意してくれているので、きちんと説明しましょう。(と、いうか最終の終点では、改札に同じような方が何人か並んでいると思うので、駅員さんもすぐわかってくれると思います。)

とにかく改札を出る前」に車掌さん、駅員さんに「誤って乗り過ごしたこと」を証明してもらいましょう

「誤乗」と「無賃送還

JRには「誤乗」と「無賃送還」いう取扱いがあります。

「誤乗」とは、

乗客が、故意ではなく誤って「反対方向の列車」や「目的地を通過する列車」などに乗ってしまった場合や「寝過してしまった」場合に、取り扱う規則のことです。

在来線と新幹線では少し取扱いが異なります。

新幹線の誤乗の取扱いは、

日中帯の場合は、直近の目的地に一番早く到着する列車に運賃・料金を支払うことなく乗車できます。

終電の場合は、在来線で折り返せば間に合う時は、精算なしで在来線にすぐに乗り換えるよう案内されます。在来線もない場合は、精算なしで翌日の始発列車、または目的地に一番早く到着できる列車で帰るように案内されます。

この誤乗区間と認められた区間について、追加料金発生することなく目的の駅までかえしてくれることを無賃送還というわけです。詳しくは以下のとおりです。

「第291条(誤乗区間の無賃送還)
旅客(定期乗車券又は普通回数乗車券を使用する旅客を除く。)が、乗車券面に表示された区間外に誤つて乗車した場合において、係員がその事実を認定したときは、その乗車券の有効期間内であるときに限つて、最近の列車(急行列車を除く。)によつて、その誤乗区間について、無賃送還の取扱いをする。

2 前項の取扱いをする場合の誤乗区間については、別に旅客運賃・料金を収受しない。

引用元:JR東日本公式HP旅客営業規則

つまり、間違って乗り越したことを、車掌さんか駅員さんに認めてもらえれば、無料で目的の駅まで戻れるということです。ですので、必ず車掌さんか駅員さんに伝える必要があるのです。もし、勝手に目的の駅まで戻ると「不正乗車」「無賃乗車」扱いになり、追加料金を支払わなくてはいけなくなるので注意してください。

改札を出る前に申し出て、認められた場合は、誤乗、乗り越しの証明をもらって改札から出ます。誤乗の証明といっても特別な用紙があるわけではなく、乗車してきた切符に押印してもたったり、赤字で書いてくれたものが、証明となります。

夜明かしする場所を確保!!

ここから後は、翌日の指示された列車までは自己責任で行動してください。

ホテルに泊まってもいいですし、ファミレスや漫画喫茶で時間を潰してもかまいません。

ただし、この後さらに疲れるようなことをすると、始発も逃し、結局自腹で運賃支払って帰るようなことになってしまいかねないので、気をつけましょう。

痛い出費にはなりますが、身体の事を考えると、できるだけ乗車する最寄り駅の近辺で、ビジネスホテルなどに部屋をとって、ゆっくりベッドで寝ることをオススメします。

ただ、週末金曜などは駅近辺のビジネスホテルは、満室のことも多いので、ゆっくり体を休めたいのであれば、迷っていないで早めに宿の確保のための行動に移りましょう。



翌日は、指定された列車に、誤乗の証明をしてもらった前日の切符で乗車して帰ります

ここでもし、指定された列車に乗り遅れたりすると、正規の乗り越し運賃・料金を支払う上に帰りの切符も購入する事になります。夜明かしするのにもお金は使っているので、かなりの出費となってしまいます。何が何でも次の日の朝は、寝過ごしてはいけません!

では、最後にまとめておきましょう。

最終の新幹線で乗り越したら

  • 間違って乗り越したことを、車掌さんか駅員さんに伝えて認めてもらう
  • 一夜を過ごす
  • 翌日の始発(指定された)の新幹線に間に合うように駅の改札へ
  • 改札で乗り越し証明書を見せて乗車

新幹線の最終で乗り越したときの対処方法をお伝えしてきましたが、

まずは、疲れているからのがわかっているからこそ、

家に着くまで気を抜かず、眠り込まないように気をつけましょう。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。