ひとつも収穫がない時に使う【ボウズ】の由来は?

Pocket

よく一つも収穫がない時に

「ボウズ」という言い方をしますね。

何気なく使っている言葉ですが、何故「ボウズ」なのでしょうか?

今日は、その由来はどこから来ていて、どういう時に使われるのかをお届けします。

スポンサーリンク

「ボウズ」とは

ボウズという言葉は、もともとどういう使われ方をしていたのでしょうか?

「ボウズ」は、釣り用語

もともと「ボウズ」は、釣り用語として使われていた言葉です。

どういう場合に使われるかというと、「本命の魚が1匹も釣れなかった時」です。

ですので、釣りをして「今日は、ボウズだ」と言った場合、1匹も釣れなかったのではなく、「釣れたのは釣れたけど、狙っていた魚が1匹も釣れていない」という事になります。

釣りで、本命以外ばかり釣れる時には、「外道(げどう)ばかり釣れる」などと言います。

そして、「狙っていた魚はおろか外道も釣れない」本当に1匹も釣れない場合は、「丸ボウズ」という言い方をします。

では、なぜ「ボウズ」と言うようになったのでしょうか?

「ボウズ」の由来

「ボウズ」の由来には、いくつか説があります。

一番有力なのは、

坊主(お坊さん)は、無益な殺生をしないことから、坊主(ボウズ)と言い出したという説です。「1匹も釣れない=殺生をしない」ということですね。

「坊主」説としては、もうひとつあって、

こちらは、お坊さんの坊主ではなく、坊主頭の坊主です。

坊主には髪が1本もない」ということで、1匹も釣れないときにボウズと言い出したという説です。この説と同じ意味で、「おでこ」にも、毛が1本もないことから「ボウズ」のことを「おでこ」という言い方をすることもあります。



さいごに

釣り用語として、使われていた「ボウズ」という言葉ですが、今では釣り用語だったとは、知らずに使っている方が多いかもしれませんね。

釣り用語だったと知っていても、1匹も釣れなかったのか、狙いのものが1匹も釣れなかったのかによって使い分けがあることまでは、知らなかったので、とにかく1つも収穫がなかった時に「ボウズ」と使っていました。

今となっては、おそらく殆どの方が1つも収穫がなかった時に「ボウズ」という言葉を使っていると思います。

言葉の使われ方や、意味合いなども時代とともに変化していくんですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。