「蒲焼(かばやき)」とは?言葉の由来は?

Pocket

夏に食べるというと、土用の丑の日の鰻(うなぎ)ですね。

うなぎというと鰻重(うなじゅう)鰻丼(うなどん)鰻の蒲焼(うなぎのかばやき)などがありますが、中でも鰻の蒲焼の「蒲焼(かばやき)」とは、何なのでしょうか?

今日は、蒲焼についてお届けします。

スポンサーリンク

「蒲焼(かばやき)」とは

蒲焼といえば、ウナギを思い浮かべますが、他にも、あなごや、太刀魚、サンマなどの蒲焼もありますね。

蒲焼とは、

魚をしょうゆ、みりんや砂糖でつくった甘ダレで焼く料理のことですが、

この味付けって…「照り焼き」ですよね。

「蒲焼」と「照り焼き」の違い

この2つの違いはというと、

「蒲焼」は、串に刺してタレを付けて焼きます。

食材は、先ほどもいったように、うなぎやアナゴなどの魚です。

串に刺して、タレをつけ炭火などで焼くことができる魚が材料になっていますね。

一方「照り焼き」はというと、タレを食材に塗りながら、表面がつやつやと『照り』がでるように焼き上げます。

食材は、ブリやカジキマグロなどの魚の切り身、また、魚に限らず鶏肉なども照り焼きにします。

つまり、この2つは、

タレのつけ方、焼き方、食材などが違っているというわけです。

「蒲焼(かばやき)」言葉の由来は

いくつか説はあるようですが、一番有力な説を解説します。

蒲の穂(がまのほ)

写真が「蒲焼」の語源となった「蒲の穂(がまのほ)」という植物です。

「確かに色は似てるけど、さっぱり意味がわからないんですけど」って感じですよね。

うなぎは昔、開いたりせず、そのまま輪切りにして、縦に串に刺しにして、焼いて売られていたのだそうです。なんともグロテスクですが、その姿がまさに「蒲の穂」に似ていたということから蒲焼というように呼ばれるようになったという説です。

蒲(がま)の穂と読みますので、かばやきも最初は「蒲焼」と書いて「がまやき」と呼ばれてのいたが「かばやき」と変化していったそうです。

いろんな言葉の由来によくある呼び方が変化していったパターンですね。

実は、うなぎを串刺しにして売っていたころの味付けは、今の「蒲焼」のように醤油の甘タレではなく、味噌などを塗って焼いていたのだそうで、見た目も味も今の「蒲焼」とは全く別物だったのですね。



そしてもう一つ、今と昔のウナギのかば焼きには、大きな違いがあります。

いま鰻の蒲焼というと、高級料理といってもいいぐらい高くて、老舗専門店で多く提供されていますが、昔は、うなぎの蒲焼は屋台で売られていたという点です。

うなぎ自体が、国産のものはなかなか手に入りにくくなったせいでもあるのでしょうが、「高級」といわれるものも時代によって変化するんですね。

余談ですが、

昔は、「蒲の穂」を「鰻の蒲焼」を似ていると思ったかもしれませんが、

「フランクフルト」の方が、似ている気がします。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。