鍵をピカピカに磨く方法が超簡単だった(追記:さらにピカールを使うと瞬殺で輝く)

Pocket

重曹を使って、鍵がピカピカになる方法を取り上げていましたが、

重曹では取りきれない凹凸や溝の部分を何とかしたかったので、ずっと気になっていた『ピカール』を使ってみたところ、瞬殺で驚くほど輝きを取り戻しました!!そこで、記事の最後にピカールで磨いた鍵の状態を追記しました。

シルバー製品って最初はいいのですが、

使っている間にくすみ、黒ずみで いや~な感じになってきますよね。

実は、先日渡された鍵がすごく黒ずんでいて、触り心地もあまりにも良くないので

「渡された時に気分がよくなる鍵のほうがいいなぁ~」と思い

鍵磨きに挑戦してみました!

今日は、シルバー製品の黒ずみを重曹で取る方法と、重曹についてお届けします。

とっても簡単で、お安くてササッと綺麗になるので嬉しくなりますよ!

スポンサーリンク

重曹であっという間によみがえる

今回使用したのは、ドラッグストア で購入したこちらの重曹、スプーンがついていて使いやすいです。重曹はいろんな種類のものがあり、ドラッグストアの他にホームセンターや100均などでも 売っています。

シルバーの黒ずみは、少量で十分よみがえりますので、重曹を他に使う予定がない方は、少量のものを購入したほうがいいです。でも、重曹はとっても便利でいろいろ使えるので大きなものを買ってあまっても まったく困らないと思います。

重曹とは

重曹ってよく聞くしすごく良さそうだけど、いったい何なの?という方も多いと思います。

重曹とは、別名 炭酸水素ナトリウム とか 重炭酸曹達(ソーダ)と言います。重炭酸曹達の略が 重曹 ということですね。

この炭酸水素ナトリウムですが、実は人間の血液や唾液の中にも含まれています。

そのため重曹は、入浴剤やベーキングパウダー、内服薬といったものにも使われていたり、とても安心安全と言えるものです。

ただし、重曹はその用途に合わせ、薬用・食用・工業用などのものがあります。用途に合わせたものを使用するように注意してください。

身体に直接触れたり、口から摂取しても良いものとは言っても、1日の摂取量には限度があります。重曹の場合、ムカツキや嘔吐をすることもあります。どんなものでもそうですが、取りすぎると体には良くない作用も起こきますので、気をつけましょう。

重曹は何に使える?

  • 油汚れ掃除
  • 湯垢・茶渋とり
  • 排水口の ぬめり&臭いとり
  • 電子レンジ掃除
  • 窓、網戸ふき
  • カカトのケア
  • シルバー磨き

その他、お料理や部屋の掃除に簡単に使えます。

弱アルカリ性で肌に刺激は強くありません。

ただし、カカトの角質をケアするのにも使えることを考えるとイメージできると思いますが、使い続けるとタンパク質を分解しますので、肌荒れの可能性はあります。

敏感肌の方や、赤ちゃんの肌に接するような場合は、あまり濃い重曹水を使わずに手袋を使うようにするとよいでしょう。

鍵を使ってシルバー磨き手順

それでは、いよいよ鍵を磨きましょう!!

 容器に少しクシャっとしたアルミホイルをいれます。

そして、重曹を一杯投入

 65度以上のお湯を 200mlほどそそぎます。

注ぎ終わったら、まぜます。

 そこに磨きたいシルバー製品(鍵)を投入します。

おしまいです。

実は、わたしは面倒だったので、ほとんど混ぜずに鍵を投入してお湯が熱いのでアルミの端を持ち、グワ~っと揺らすことで混ぜるという方法をとりました。

本当に適当でお恥ずかしいですが、この方法でも揺らすだけで見る見る黒ずみが取れていくのが分かって楽しかったですよ。

かかった時間は・・・

鍵は、黒ずんでいるだけではなく、ベタついていて手に取るのも 気持ち悪い感じだったのですが、たったこれだけの作業で スッキリきれい になりました!

「ベタつき」もなくなっています!

かかった時間はといえば、ほぼ、お湯が沸くのを待つ時間ぐらいです(笑)

重曹を溶かしたお湯に鍵を入れたあとは、見る見る鍵の色が変わっていくのがわかります。目に見えて効果が出るのって気持ちいいですよね~。

すごく便利な重曹ですが、

アルミ製の鍋などに使うとシルバー磨きとは逆に、鍋が黒ずみます。(アルミの鍋の黒ずみを取りたい方は「雪平鍋(ゆきひらなべ)の黒ずみ 何で磨く?」の記事がおすすめ)

間違ってアルミ鍋に使わないように注意してください。

また、木や畳に使うと、黄色いシミになって落ちなくなります。ただし、ニスなどで表面加工されている木製品であれば 少しぐらい重曹を使ってもシミにはなりません。使うときには、念のため 目立たないところで試してからにしてください。

ピカールなら、さらに ピッカピカ に!!

こちらが、ピカールです。

裏書を見るとわかる通り、液状の金属磨きですので、銅やステンレス、アルミ、鉄などを磨くなら、ピカール!!というぐらい便利な品です。

中は、白いトロっとした液体です。

使い方は、いたって簡単!

  • 蓋を開ける前に、缶をよく振る
  • 柔らかい布に適量とる
  • 汚れている部分を磨く
  • 磨けたら、別の乾いた布でよく拭き取る

今回は、鍵という小物だったので、ササッとティッシュで磨いてみました。

ピカールをつけて、サッと擦っただけで、ティッシュが真っ黒です。

ピカールは、研磨剤がはいっているため、すこし擦っただけで金属の摩耗したニオイがすごいです。

凹凸や溝の部分は、綿棒を使ってみました。

上の写真が、まだ磨いていない裏側

そして、磨き終わった表側が下の写真です。

なんということでしょう!

あっという間に、ピッカピカです。

しかも、ティッシュでササッとで終了、何分も擦ったりしていません。

気持ちがいいぐらい輝きますよ。

日本磨料工業/ピカール 金属みがき 300g/12100

価格:310円
(2018/3/26 15:12時点)

ピカールは、こちらです。

こんなに優秀なのに値段もお手頃!!

しかも、ほんの少しつけるだけで十分伸びます。

たくさん付けて、何度も擦らなくても、鍵ぐらいの大きさのものなら、すぐにピカピカになるので、ほとんど減りません。あまれば、キッチンの流しを磨くのにも使えますよ。(シンクを磨く方法はこちらの記事を参考に)

家中のいろんなものをピカピカに磨いてみてはいかがでしょうか。

ただ、さきほども言いましたが、研磨剤が入っているので摩耗します。貴金属やメッキなどには向きません。また、長時間使用する場合は、手袋をしてくださいね。

同じくくすみや、黒ずみが気になるシルバージュエリーの

お手入れの仕方や保管方法は、【『シルバーアクセサリー』くすませない!お手入れ方法や保管の仕方】の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。