8月【葉月】由来や他の呼び方は?

Pocket

もうすぐ夏真っ盛りの8月がやってきます。

旧暦では、8月のことを「葉月(はづき)」と呼びます。

葉月という字面からは

「葉」から、青々と茂る緑の葉をイメージするのですが、8月を葉月と読んでいた旧暦のころの8月というと、今(新暦)の『白露(9月8日頃)~寒露の前日(10月7日頃)』が目安とされています。ということは、葉月の実際の時期は、9月ごろのことです。

青々と茂る緑の葉をイメージする時期としては、少し遅い気がしますが、なぜ8月を葉月と呼ぶようになったのでしょう。

スポンサーリンク

8月を葉月と呼ぶ由来や意味は?

8月を葉月と漢字をあてた由来には諸説あります。

詳しく見てみます。

葉が落ち始める「葉落ち月」

9月8日頃から10月7日頃の時期になると、樹木から「葉」が落ち始めるます。

そこから変化したという説が有力な説です。

「葉が落ちる月」→「葉落ち月」→「葉月」

稲の穂が張り始める「稲張り月」

稲張り月(ほはりづき)」が変化したという説です。

葉月の時期9月上旬~10月上旬頃は、稲穂が実る時期でもあります。

田植えした稲が成長し、実り、稲穂が張ってくる時期のことを「稲張り月」と呼んでいたのだそうです。

そこから、

「穂張り月」→「張り月」→「葉月」

となったと言われています。

台風が来る「南風月」

この時期は台風がよく来る月でもあります。

台風は南からやってくるので、「南風月(はえづき)」と呼ばれ、それが変化したという説です。

「南風月(はえづき)」→「葉月」

雁が初飛来する「初月」

北の方からが渡って来る頃です。

旧暦の8月になると初めて雁が飛んでくるというので、その言い回しが変化していったという説です。

  • 「初来月(はつくつき)」→「初月」→「葉月」
  • 「初雁月(はつかりづき)」→「初月」→「葉月」

葉が美しい「葉月」

この頃から、徐々に広葉樹が色づきはじめ、美しいく彩られていきます。

そこから、「葉っぱの色が美しくなる=葉月」という説です。

変化形ではなく、ダイレクトに葉月ですね。

旧暦8月の異名・異称

葉月の他にも、8月にはいろいろな呼び名があります。

  • 秋風月(あきかぜづき)
  • 雁来月(かりきづき)
  • 観月(かんげつ)
  • 木染月(こぞめつき)
  • 紅染月(べにそめづき)
  • 建酉月(けんゆうげつ)
  • 壮月(そうげつ)
  • 竹春(ちくしゅん)
  • 仲秋(ちゅうしゅう)
  • 月見月(つきみつき・つきみづき)

たくさんの呼び名がありますが、やはりよく耳にするのは「葉月」です。

ただ順番に数字で呼ぶだけじゃない、

色んな意味や変化から生まれた異称をまだまだ大切にしていきたいですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。