七十二候「大雨時行」(たいうときどきふる)

Pocket

8月2日からは、七十二候「大雨時行」に入ります。

「たいう ときどき ふる」と読みます。

集中豪雨や夕立など、夏の激しい雨が降る頃です。

夏の青空に、湧き上がる入道雲が雷鳴とともに突然の激しい雨を降らせます。

そんな夏の夕立は、乾いた大地を潤します。

スポンサーリンク

夏のにわか雨

強い日差しで、昼間にはモクモクと入道雲が湧き、夕方ににわか雨が降ることを「夕立(ゆうだち)」と呼びますが、この「夕立(ゆうだち)」という言葉は、万葉集にも登場するほど古くから使われているのだそうです。

夏のにわか雨には「夕立(ゆうだち)」意外にも色んな呼び方があります。

たとえば、【白雨(はくう・しらさめ)

まわりが白くなって見えないほどの大粒の激しい雨のことで、雹(ひょう)のことも指します。

肘かさ雨(ひじかさあめ)】は、

急に雨が降り出し、傘の持ち合わせがないときに、ヒジをかざして雨をブロックすることからこのように言われています。

篠突く雨(しのつくあめ)】というのは、

夕立の激しい雨の降り方を、篠竹(しのだけ)を束ねて突き刺すぐらいと激しさを表現した呼び方です。篠竹とは、群生する細い竹のことです。

雨飛(うひ)】も激しい雨のことで、

激しさを風に吹かれて、弾丸のように飛んでくる雨粒に例えています。

他にも、たくさんの言葉があります。

今年の異常なほどの暑さもそうですが、夕立も昔とは降り方が違ってきている気がします。

以前は、夕立や、にわか雨、通り雨と言われ、傘がなければどこかの軒下で、ほんの少し雨宿りをすれば、雨が通り過ぎてくれていたのですが、今はあっという間に下水が溢れ出すなど、水害になるほど集中的に降ることも多くなりました。

ゲリラ豪雨や竜巻などが起きることもあります。

あまりに激しい雨のときは、

外に出たり、無理して動いたりなどしないよう気をつけましょう。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。