立秋(りっしゅう)の空

Pocket

2018年の立秋は、8月7日です。

もしくは、8月7日から処暑までの期間を指す場合もあります。

「立秋」は、秋が立つと書くため、何となく、秋の気配が感じられる時期のことなのかな~と思いますが、実際の意味はどうなのでしょうか。

今日は、立秋についてお届けします。

スポンサーリンク

立秋(りっしゅう)とは

立秋に入る8月7日といえば、まだまだ暑い時期というよりも、益々暑くなる時期です。そんな時期に「秋」という漢字を使う季節の言葉は、とても違和感を感じます。

暦の上で立秋は、「秋に入る日」とされています。

そのため、「立秋」以前に出すのを暑中見舞い、「立秋」以後に出すのを残暑見舞いと区別します。近頃は、9月になってもまだまだ暑い日が続き、まだ夏真っ盛りという感じのため、とても「残暑」とは思えませんが、立秋を過ぎてから暑中見舞いを出すのはマナー違反となりますので、注意しましょう。(暑中見舞について詳しくはこちらの記事を参照下さい。)

立秋は、二十四節気の一つで、太陽黄径が135度の時を言います。

太陽黄径とは、地球を中心として空を見た時に、太陽の見掛け上の通り道「黄道」と、地球の「赤道」を空まで伸ばした時の交点を基準点として、そこから15度ずつ24分割に分けた特定の度のことです。

ちなみに黄道と天の赤道が交る基準点は「春分点」です。そのため「春分」の太陽黄径は、0度となります。

秋の空「いわし雲」「うろこ雲」

立秋は「初めて秋の気配が感じられる時期」と言われていますが、8月7日頃と言えばまだまだ夏本場、暑い盛りです。

しかし、空を見上げると変化が見られます。

夏の空に広がる「入道雲」は少しずつ減り、「いわし雲」や「うろこ雲」が多く見られるようになります。

いわし雲とは

小さな雲が連なって群れを作っているように見える雲で、あまり影がなく、真っ白な雲が集まっている「巻積雲(けんせきうん)」の一種です。形が「いわしの群れ」のようにも見えるため、その一部がいわし雲と呼ばれるようになったのです。

実は、うろこ雲は、いわし雲と見た目が違うだけで、小さな雲が連なってできる巻積雲の一種です。

いわし雲や巻積雲は、俳句でも秋の季語として使われているため、この雲がでる季節は、秋だと思われている方が多いですが、実は雲の種類は季節に関係なく現れるとされています。季語にもなるぐらいなので、秋に比較的よく見られるということでしょう。

たまには、空を見上げて

少しずつ移りゆく季節を感じてみてはいかがでしょうか。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。