「無塩せき」って何?「無添加」なの?

Pocket

ソーセージやベーコン、ハムと言えば、

化学合成食品添加物がたっぷり入っている食べ物としても有名で、一般的なスーパーマーケットで「無添加」のものを探すほうが難しいほどですね。

そんな中でたまに「無塩せき」という表示をみることがありませんか?

「無添加」ではなく「無塩せき」です。

今日は、「無塩せき」についてお届けします。

スポンサーリンク

「塩せき」と「無塩せき」とは

そもそも「塩せき」とか「無塩せき」とか一体何なのでしょうか。

「無塩せき」と表示されているパッケージを見ると、何となく「無添加っぽい」「体にいいんじゃない?」と思ってしまいます。

実は「無塩せき」=「無添加」ではありません

だいたい「無添加」だったら、「無塩せき」と書かずに、

はっきり「無添加」と書きますよね。

「塩せき」とは

ソーセージ・ハム・ベーコンなどの加工をするときに、原料肉を発色剤や塩・香辛料などの液に漬け込みます。これを「塩せき」と言います。

無塩せき」とは

加工の際に、発色剤を使わずに作ったもののことをいいます。

さきほどの液に漬けるか漬けないかではありません。

発色剤を使ったか使ってないかの違いです。

「無塩せき」なので、なんとなく「塩」を使っているか使ってないかの違いかもと、思っている方も多いかもしれませんが、塩の違いではありません。

「無塩せき」という表示で、発色剤を使っていないからといっても、保存料などが添加されている場合がおおいため、「無塩せき」だからと言って、「無添加」だとは言えません。

無添加ハム・ウインナー・ソーセージ●匠技で作るドイツハムソーセージ6点セット(送料無料・塩分控えめ・添加油肉不使用・自然材料100%)★当日製造発送★送料無料


無添加ソーセージやハム、ベーコンなどを探す時は、

はっきり「無添加」と記載があるものや、

原材料名の表示を気を付けて見るようにしましょう。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。