七十二候「涼風至」~すずかぜいたる~ 季節の変化を感じる

Pocket

8月7日から七十二候「涼風至」に入ります。

「すずかぜ いたる」または「りょうふう いたる」と読みます。

夏!夏!夏!夏真っ盛り!という感じの候が続いてきましたが、いきなり涼しいかんじになります。それもそのはず、8月7日は二十四節気では「立秋」となり、暦の上では、秋が始まります。

「涼風至」は、立秋の初候にあたります。

夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃という意味になります。

スポンサーリンク

涼風(すずかぜ)

さきほど、暦の上では「立秋」

秋のはじまりと言いましたが、

実は、「涼風」は、俳句では夏の季語です。

日中の陽射しは、まだまだ強い日がつづきます。

熱中症には引き続きご注意ください。

昼間は、まだまだ真夏といったところですが、

朝夕の風に少しずつ、秋の気配を感じ始める頃です。

夕暮れどきになると、どことなく涼しげな風が吹き、雲の色や形も変化し始めます。

ただただ凄いいきおいで鳴いていたセミの声がドンドン減り始め、夕方頃に鳴く秋の虫たちの声が目立ち出します。

少しずつ、夜の訪れが早くなってきます。

色んなところで、季節の移ろいが感じられる頃です。

季節の変化を感じに旅行に出かけてみるのも良いかもしれませんね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。