「寝る前スマホが睡眠の妨げになる」ってわかっていても、ついついやっちゃう人にお届けする「ついついやっちゃった時の対策」

Pocket

寝る前に、

スマホやパソコンを見たり、お酒を飲むと、

寝付きが悪くなったり、良い睡眠がとれないから、

「寝る前のスマホ、パソコン、お酒はやめましょう!」とか、よく聞きますよね。

でも、ついついやってしまいませんか?

と、言うか、今時「布団に入ってからスマホをいじるのが習慣」という方のほうが、多いのではないでしょうか?私もついついやってしまいます。

今日は、やめたほうがいいと分かっていても、寝る前についついお酒を飲んで、スマホ、パソコンいじっちゃう、という方に、ついついやっちゃった時でも、良い眠りにつくための対処方法をお届けします。

スポンサーリンク

「寝る前スマホ」がやめられない人へ

そもそも、なぜ寝る前のスマホが睡眠の妨げになるのでしょうか?

ブルーライト

電子機器の画面からは「ブルーライト」という光が放たれています。

電子機器ということなので、夜身の回りにあるもので言うと、スマホ、パソコン、テレビなどということになります。

この「ブルーライト」は、人間の目でとらえられる光線のなかで、一番エネルギーが高く、見続けていると確実に目が冴え渡ってしまいます。

なぜかというと、ブルーライトは、波長が380~500ナノメートルの青色光なのですが、人の目で見ることのできる光の中で、最も波長が短く、強いエネルギーを持っていて、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

その刺激によって、眠りをそくすホルモン「メラトニン」の分泌量が、抑えられてしまうため、体は夜になったことを認識できず、目が冴えてしまい寝つきが悪くなったり、眠れないなんてことが起きてしまうのです。

悪影響は、睡眠に関してだけ出るわけではありません。

他にも、体が夜になったことを確認しないわけですから、体を働かすためのカロリーを摂取しようとして食欲が増し、結果、夜食や間食で太ってしまうことにもつながります。

また、ブルーライトによる目の疲れは、肩、首のこりなどにつながる可能性もあります。

寝る前のスマホは良い睡眠を妨げるだけでなく、美容や健康にも大敵なのです。

理想的な就寝前のスマホの使い方

スマホの理想的な使い方は、寝る2時間前には、使用をやめるということです。

電子機器であるパソコンやテレビなどもやめるのがベストです。

とはいえ、仕事から帰る時間も遅いのに、ご飯食べて、入浴して、就寝の2時間前にスマホもテレビもやめるって、何時スマホやテレビを見る時間があるの?いったい何時に寝るの?って感じですよね。

現実問題として、就寝の2時間も前からスマホもテレビもパソコンも見ないなんてことをできる方は殆どいないのではないでしょうか?

そので、ついついやるけど、少しでも良い睡眠をとるための対策を説明します。

就寝前スマホやっちゃった時の対策

まず重要なのは、ブルーライト対策です。

ブルーライトの刺激で、眠りをそくす「メラトニン」の分泌量が減ってしまうわけですから、ブルーライトをカットすることが大切です。

ブルーライトカット方法

●ブルーライトをカットするメガネ

老眼鏡 PCメガネ レビュー数1200件以上 30代後半からのスマホ老眼鏡 豊富なカラー10色 ブルーライトカット 軽量めがね 紫外線カット シニアグラス おしゃれ 男性 女性 リーディンググラス Reading Glasses 非球面レンズ 老花眼鏡


●ブルーライトがカットできる保護フィルム

送料無料 強化ガラスフィルム ブルーライトカット フィルム ガラスフィルム ブルーライト 強化ガラス 保護フィルム iPhoneX iPhone8 iPhone7 iPhone6s iPhpne6 Plus iPhone SE iPhone Xperia Z5 SO-02H SO-01H SO-03H SOV32 AQUOS SH-04H SHV34 Xx arrows F-03H hogo-blue01


●ブルーライト軽減アプリ

アプリは、たくさん出ています。使いやすいものを選んでみてください。

それでも、目が疲れたなと感じだり、目が冴えたと思うときにやってほしい方法は、

「目の周りを1分温める」

目もとには、自律神経の働きを切り替えるスイッチがあるため、目もとを温めると、三叉(さんさ)神経が刺激されて、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に変わり、リラックスできるのです。

身体が心地よさを感じる“快適温度”は約40℃であるといわれていますので、この温度のタオルなどを目に当てて温めると、副交感神経が優位になり、リラックスできます。

注意することが、2つあります。

まず、目を温める温度が高すぎると、交感神経が優位になってしまい、リラックスには逆効果です。

また、目だけを温めるようにしてください。

実は、頭は冷えている方が、眠りにつきやすくなります。そのため、目を温めるつもりで、目以外のおでこの部分なども一緒に温めてしまうと、逆効果になってしまいます。

頭の上部だけを冷やす、耳から下の部分を温めるというのがポイントです。

目もとを温めると副交感神経が優位になるため、手足の血管が広がり、身体の末梢まで血液が充分にいきわたりますので、身体が疲れたり、だるかったりするときはもちろん、イライラしたり、どんよりしているときも、手軽に使えてすぐに効果が実感できる目もと温めを取り入れてみるといいですね。

さいごに

夜に限った事ではありませんが、

最も良くないのは、スマホの画面をダラダラと長く見続けることです。

メールを確認してすぐしまうなど、数分見る程度ならばほとんど影響はないので、チェックする時間を決めるなどしてダラダラスマホ週間を改善すると、有効活用できる時間がドンっと増えますよ。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。