「電子レンジで冷凍唐揚げ チンしたら真っ黒焦げ!」その原因と臭いの取り方、美味しくチンする方法

Pocket

お弁当のおかずに人気の「唐揚げ」ですが、朝から唐揚げを揚げるのは大変ですよね。

そこで、冷凍食品の唐揚げを利用する方も多いのではないでしょうか?

今回、冷凍の唐揚げを購入して、裏書きの通りにレンジでチンしてみたら、

なんか臭いな~と思って、レンジに目を向けてビックリ!!

電子レンジから煙が漏れ出ていて、大慌てでレンジを開けると、煙はモクモク、すごい臭いがたちこめて、唐揚げは真っ黒焦げ、レンジ用の容器にも関わらず、容器は溶けてるし、大変なことになりました。

こんなことにまでなる方は、あまりいないとは思いますが、冷凍唐揚げをレンジでチンしても、硬くなったりパサついたり、なんか美味しくない・・・と、思っている方は多いのではないでしょうか?

そこで今日は、冷凍の唐揚げをレンジでチン失敗する原因と、美味しくする方法、として、失敗した時の臭いの取り方をお届けします。

スポンサーリンク

冷凍食品「唐揚げ」をレンジでチン

まずは、なぜ唐揚げをレンジでチンすると、焦げたり、黒くなったり、硬くなったりするのか、その原因を説明します。

「焦げ」「黒くなる」「硬くなる」原因

一般社団法人 日本冷凍食品協会 によると、

電子レンジは、マイクロ波を食品に照射することで、食品に含まれる水分子を振動 させて、その際に生じる摩擦熱で食品を発熱させる調理器具です。

そのため、食品が必要以上に加熱されると、食品の中に含まれる水分が蒸気となって抜け出し 乾燥して硬くなり、さらに加熱を続けると炭化して発煙・発火に至る事例もあるのだそうです。発煙が、まさに今回の私です。発火まで行かなくて幸いでした。

この食品を必要以上に加熱することを「過剰加熱(過加熱)」と呼びます。

では、過加熱は何が原因で起こるかというと、以下のようになります。

過加熱の原因

① 表示どおりに調理しなかったことによるもの

パッケージに記載している「調理時間のめやす」よりも長めに加熱したり、「オート」や「あたため」などの自動ボタンで加熱した場合にも起こり得ます。

また、高出力での加熱も原因となります。ちなみに推奨は、 500Wまたは 600Wだそうです。

そして、いくつか違う種類の冷凍食品を同時に加熱した場合にも、一つが集中的に加熱されてしまったりすることが考えられるようです。電子レンジのマイクロ波は、塩分や糖分の多いところに集中しやすく、部分的に早く加熱されるので、こげやすくなるのです。

今回のわたしの場合は、ワットの設定を誤ってしまったのかもしれません。

② 冷凍食品の取り扱いに問題があったことによるもの

これは、購入前の流通過程や、家庭内の冷蔵庫での温度変化の影響を受けて、商品 が乾燥や冷凍焼けしていたなどが原因になるということです。家庭用冷蔵庫の冷凍室場合は、ドアの開閉や収納状況に よって冷凍室内の温度が上下するために、冷凍食品の品質に影響を与えることがあります。

また、冷凍室から出してしばらく経っていて、冷凍食品が解凍された状態になっていた場合なども考えられます。冷凍食品は冷凍保管することで品質が保たれます。解凍された状態で調理すると 過加熱の原因にもなり、味や食感が悪くなるのです。

では、冷凍の唐揚げを上手に美味しく仕上げるには、どうしたらよいのでしょうか。

冷凍食品の唐揚げを美味しくする方法

揚げものは、耐熱皿にクッキングペーパーを敷き、ラップをしないで加熱します。

ラップをすると食材から蒸発した水分が中にこもってしまい、仕上がりがベタッとなってしまうからです。

耐熱皿にクッキングペーパーを敷き、ラップをかけずに加熱します。

水蒸気がこもらないうえに、余分な水分はクッキングペーパーに吸収されるため、ベタつかずに仕上がります。また、揚げ物の余分な油分も吸収してくれるので、カロリーダウンできます。

そして、さきほどまでの説明でわかるように、加熱のしすぎは、食品が固くなったり、風味が落ちたりする原因となります。商品のパッケージに書かれたワット数や加熱時間を守ることが第一ですが、標準時間より少し短めで、様子をみながら追加の加熱をしましょう。

最後に一手間で、オーブントースターで加熱すると、外側は「カリッ」内側は「しっとり」と美味しく出来上がります。

電子レンジの焦げ臭さを消す方法

では、レンジ内に充満してしまった焦げ臭さを消す方法を説明します。

レモンを使う

これは、かんり簡単な方法です。

まず、レモンを串切りにします。

そして、そのレモンを電子レンジで3~5分くらいチンします。

これだけで、かなり焦げ臭いのが和らぎます。

重曹を使う

何でも重宝する重曹ですが、電子レンジの焦げ臭さをとるのにも役立ちます。

しかも、この方法は、電子レンジの汚れを取ることもできるので、一石二鳥です。

まず、重曹水を電子レンジで使用可能な広めの器に注ぎます。
水と重曹の割合は、水を1カップ(200cc)くらいに重曹の粉を小さじ1~2杯ほど、注ぐ重曹水の量は、器の底が隠れる程度です。

重曹水を注いだ器を、電子レンジで2~3分チンします。
重曹水が沸騰して、電子レンジ内が雲ります。

電子レンジの蓋を開けずに、そのまま30分ほど蒸らします。

最後に、やわらかい布やペーパータオルなどでレンジ内の水滴をふきとります。
驚くほど簡単に汚れが拭きとれ、臭いも改善できます。

茶がら、コーヒーかすを使う

電子レンジで使用可能な容器に、茶がらやコーヒーかすを入れ、レンジで1~2分加熱します。
こうすることで、臭いを茶がらやコーヒーかすが吸い取ってくれます。

エタノールを使う

電子レンジの内部を、アルコール系エタノールで拭き取ります。

その後、しっかりと乾燥させます。
食品を入れて電子レンジを使用するのは、電子レンジ内部が完全に乾燥するまで待つように注意してください。

どの方法も人体には無害で安全な消臭方法になっています。
おそらく、どれもご家庭にあるか、簡単に用意できるモノですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

そもそも、一番重要なのは、電子レンジで食品を焦がさないことなのですが・・・。

でも、お陰で上手に冷凍食品の揚げ物をレンジでチンする方法も分かりましたし、電子レンジを綺麗にお掃除してスッキリすることもできたのは、よかったです(笑)

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。