七十二候「蒙霧升降」霧が発生する条件や場所は?

Pocket

8月17日からは、

七十二候「蒙霧升降」に入ります。

「もうむしょうこう」または「ふかききり まとう」と読みます。

暦の上では霧が発生しやすいころとなります。

放射冷却が起こりやすい秋に多くなる霧ですが、発生する条件や場所はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

霧とは?

「霧」とは、空気中の水蒸気が水になった状態のことです。

地表や海面付近で、空気中に含まれる水分が、空気が冷やされると飽和して水凝結し、ごく小さな水滴となって浮遊するのです。この水滴が光を反射したり吸収したり散乱させたりするために、視界が白っぽくみえます。

気象台では、見とおせる距離が1キロメートル未満の場合を「霧(きり)」、それ以上の場合を「靄(もや)」と呼んで、区別しています。

「霧」といえば、「朝霧」「夕霧」「夜霧」「霧雨(きりさめ)」「濃霧(のうむ)」など、そのほとんどが秋の言葉です。春や夏にもよく発生しますが、春は「霞(かすみ)」、夏は「夏霧(なつぎり)」などとも呼ばれます。

霧の発生条件

では、霧が発生する条件を説明します。

地面に空気が冷やされる

地面からは、熱が放射されています。

昼でも夜でも無条件に、熱が放射され失われているのです。

それでも、昼間は太陽から熱が地面に降り注ぎますので、地面は冷たくはなりません。しかし、夜は違います。夜は、太陽からの熱がないため、地面から熱が放射されるだけになってしまいます。

こうして夜のうちに空気が冷やされると、空気中に含まれる水分が、空気が冷やされて飽和して霧になります。そのため、霧は朝方に発生することが多くなるのです。

空気が気温の低いところに移動

暖かくて湿度の高い空気が、気温の低い湖の上とか池の上とか、海の上などに接すると冷やされて霧が発生するのです。

水面から水が蒸発する時に冷やされる

まずは、水面の水が暖かさで蒸発します。その後触れる空気の温度が冷たいと霧になるのです。

上昇することで空気が冷やされる

先程の空気が気温の低いところに移動するという条件と似ていますが、山を上昇することで、空気が冷やされ霧が発生する条件になります。

よく、山の上にだけ、雲がかかっているのを見たことがありませんか?

雲だと思っていたあれは、実は霧だったということですね。

温暖前線がある

温暖前線がある場所で雨が降ることにより、温暖前線付近で温められた空気によって、雨から霧が発生するというものです。

前線は暖気と寒気の境目ですので、暖気と寒気が混ざり合うのも霧の発生条件となります。

霧が発生しやすい場所は?

霧が発生しやすい場所というのは、先ほどあげた、霧が発生する条件が起こりやすい場所という事になります。

●盆地

盆地や、内陸の山に囲まれてたり谷になってる場所は、地面に冷やされてできた霧の、冷えが逃げにくいため、霧の発生しやすい場所になります。

空気が移動して冷やされるのが発生条件に当てはまります。

海で発生する霧のことを「海霧」とも呼びます。

●水辺

海や川、湖、池の上とかそこに近い場所は、霧が発生しやす場所になります。

●標高が高い

山などの標高が高いところでは霧が発生しやすくなります。

車を運転している時に、急に霧に包まれると、とても危険ですが、

大自然の中で見る霧は、幻想的でとても美しいく穏やかな気持ちになりますね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。