子供と一緒に楽しめる すぐに割れないシャボン玉のつくり方

Pocket

子どもの頃は、よくシャボン玉を飛ばして遊びました。

大きいのを作ろうと友達と競争したり、わざと割たり、シャボン玉液は市販されていますが、自宅で簡単に作れます。

今日は、割れないシャボン玉液の作り方をお届けします。

是非、子供と一緒に作ってみてください。

スポンサーリンク

割れないシャボン玉を作ろう

シャボン玉液を作る前に、そもそも、なぜシャボン玉が割れやすいのかを知りましょう。

なぜ シャボン玉はすぐ割れる?

原因は以下の3つが考えられます。

  1. シャボン玉の水分が蒸発して割れる
  2. 重力で、シャボン玉液が下に溜まることで、上の膜が薄くなり割れる
  3. 空気中のホコリやチリ

シャボン玉って、水分があっという間に蒸発してしまうぐらい、薄い膜でできているんですね。

シャボン玉液のつくり方

【用意するもの】

水(ぬるま湯)400ml

洗濯のり 100ml

食器用洗剤 50ml

砂糖 25ml

【つくり方】

水(ぬるま湯)の中に砂糖を入れて、よく混ぜます。

この時、砂糖が溶けずに残っていると、シャボン玉が割れる原因となります。

溶けたら、食器用洗剤と洗濯のりも入れてよく混ぜたら出来上がりです。

洗濯のりは、ないご家庭も多いと思いますので、なくても砂糖があれば、丈夫なシャボン玉はできます。でも、できれば入れたほうがより強力なしゃぼん玉になりますよ。

砂糖を入れることで、水が蒸発しにくくなるのだそうです。

たったこれだけの簡単な作り方ですが、これが思った以上に割れないシャボン玉ができるんです!かる~く手のひらに当てても割れません!これなら、子供も大喜びで、自然と体を動かし楽しむことができますよ。

是非、親子で作って楽しんでください。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。