坂本龍馬の「龍馬」は本名じゃなかった?本名と名前の由来は?

Pocket

坂本龍馬と言えば、誰もが知っています。

「龍馬」という名前の方に出合うと、

「親が龍馬のこと好きだったんだろうな~」と思ってしまうほど、

「龍馬=坂本龍馬」というイメージになっています。

でも、実はこの「龍馬」という名前、本名ではないのです。

では、本名は?

今日は、坂本龍馬の本名と名前の由来などについて、お届けします。

スポンサーリンク

坂本龍馬の本名「直柔(なおなり)」

坂本龍馬の本名は、「直柔(なおなり)」といいます。

もともとは「直陰(なおかげ)」でしたが、改名して「直柔(なおなり)」になっています。

この本名のことを「諱(いみな)」といいます。

諱(いみな)とは、「忌み名」のことで、「真名」ともいい「真の名前」つまり、「本名」ということです。

「忌み名」の「忌み」とは、「口に出すことが、はばかられる」ということで、昔は、本名で日常的に呼ばれることはありませんでした。せっかく付けられた名前でありながら、呼んでいいのは、親と主君だけで、それ以外の人が呼ぶと「無礼」だと考えられていたのだそうです。

また、諱(いみな)というのは、「本当の名前を知られると呪いをかけることができてしまう」ため、簡単に知られてはいけないとも、いわれていたのだそうです。

「直柔(なおなり)」の由来

龍馬の本名「直柔(なおなり)」の由来は、龍馬の生まれた坂本家では6代目以降、男子には「直」の字を諱としてきたため「直」の字が使われています。

通常、諱(いみな)は、 その人の幸福を祈い「良い音」と「意味」の漢字を選んでつけられいました。

ところで、最初にお伝えしたとおり、龍馬は「直陰(なおかげ)」から「直柔(なおなり)」に改名しています。

竜馬が、諱(いみな)を改名したのは、なぜなのでしょうか?

その理由には、いくつかの説があります。

まずは、寺田屋事件説です。

龍馬は「寺田屋事件」の際に、両手の指を負傷したのですが、それに対し寺田屋の主人であるお登勢は自責の念を抱いて、法華経の「自我偈」の中の「質直意柔軟 柔和質直者」という一節から、竜馬に諱を「直柔」に改名するように勧めたという説です。

また、「陰」を嫌った説もあります。

龍馬が「陰」という字を嫌って改名したというものです。「柔」にしたのは、坂本家初代・順信の「順」や 改名前の「陰」と同じ意味を持つ漢字である、という理由からともいわれています。

実は、龍馬が影響を受けた薩摩藩士の西郷や大久保、また師と仰いだ勝なども諱(いみな)を改名しているます。

西郷隆盛:隆永 → 武雄 → 隆盛

大久保利通:利済 → 利通

勝海舟:義邦 → 安芳

現在だと、本名を変えるなんてなかなか聞きませんが、昔は結構あったんですね。

「龍馬」の由来

では、坂本龍馬の名前の由来はについても、お届けします。

由来には、いくつかの説がありますが、代表的なものを紹介します。

●母が、懐妊中に雲竜奔馬が胎内に飛び込んだ夢を見たのと同じ日に、父が、馬の夢を見たので「龍馬」と名付けたというものです。

●母は龍馬が生まれる前に「龍が天へのぼる夢」を見たことに因んで、「龍馬」と名付けたというものです。

さいごに

「直柔(なおなり)」という名前が本名「諱(いみな)」だと説明しました。

では、日常的に使われていた「龍馬」という名前のことをなんというかというと、「字(あざな)」です。

「字(あざな)」自体が、通称のようなものですが、実は、字と通称が別の人がいたり、さらにややこしいのが、字も通称も好きなだけ改名することが可能だったのだそうです。

この「字(あざな)」は、現在の「あだな」として残っていますね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。