ビジネスの場で使われる【ご査収】どういう意味?

Pocket

「ご査収」という言葉は、口頭ではあまり使われることはありませんが、特にビジネスの場で、文書やメール・FAXなどでよく使われます。

でも、なんとなく型にはめたように使っているだけで、あまり意味を理解せずに使っている方も多いのではないでしょうか?今日は、ビジネスで使われる「ご査収」の意味をお届けします。

スポンサーリンク

ご査収とは

まず、読み方ですが、「ごさしゅう」と読みます。

意味は、言葉を分解して考えるとわかりやすいです。

「ご」=尊敬語

「査」=よくみて調べる、検査する

「収」=おさめる、取り入れる

つまり「ご査収」は、内容をよくみて確認してお受け取り下さいというような意味になります。

ひとつ注意点としては、ご査収を使う場合にやり取りされるものは、金銭や書類等になります。やり取りされるものが、品物やサービスと行った場合には「ご検収」という言葉を使います。

「ご査収ください」という言葉は、取引先や目上の方にも使うことができます。ただ、「ご査収ください」だけでは少しくだけていて、なにか足りない印象を与える気がするのであれば、「ご査収の程お願い致します」「ご査収くださいますようお願い申し上げます」など、丁寧な言い回しにすると安心できるのではないでしょうか。

ビジネスで使われる言い回しは、社会人になった時に上司に教えられたまま、結構、使い方や意味を曖昧にしたまま、使い続けてしまうものが多いと思いのではないでしょうか?しっかりと意味を知って、しっかり使い分けていきたいですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。