9月「長月」の由来

Pocket

いつも、あっという間に過ぎたと思うのですが、8月もまたあっという間でした。

今週末は、9月に入ります。

日本では、旧暦の9月を「長月(ながつき)」と呼びました。

そして、現在では 新暦9月の別名としても「長月(ながつき)」という呼び名を用ます。

今日は、この「長月(ながつき)」の由来と、9月の別名をお届けします。

スポンサーリンク

「文月」の由来

文月の由来をいくつか紹介します。

夜長月

「夜長月」の略という説です。

先ほどお伝えしましたが、「長月」は、もともと旧暦の9月のことを指していました。

現在でいうと10月~11月頃の事ということになります。

10月~11月の時期といいうと、日がどんどん短くなり夜が長くなるころです。

そのため夜が長くなる時期「夜長月」とも呼ばれていて、この「夜長月」が短くなって「長月」という呼び方になったというわけです。

いくつか説がある中でも、この説が一番有力だとも言われています。

確かに、夜が長くなる時期に一致していますし、しっくりきます。

長雨月

「長雨月」の略という説もあります。

「秋雨(あきさめ)」という言葉もありますが、8月後半頃から10月頃になると雨が続く時期でもあります。それに、8月後半頃からは台風のシーズンにも重なり、雨が多く降る時期のため、「長雨月」という別名で呼ばれるようになり、それが略されて「長月」となったという説です。

確かに、台風や雨も多く「長雨月」も有り得ますが、個人的にはやはり「夜長月」の方が説得力がある気がします。

その他

そのほかにもたくさんあります。

「稲刈月(いねかりづき)」「稲熟月(いねあがりづき)」「穂長月(ほながづき)」といった言葉が略されたという説です。

稲刈月「いねかりづき」→「ねかづき」→「長月」

稲熟月「いねあがりつき」→「ながつき」→「長月」

穂長月「ほながつき」→「ながつき」→「長月」

以上のように変化したという説です。

どれも、確かに変化しそうではありますが、少し苦しい感じもしますね。

9月「長月」の別名・異名

9月は長月意外にも、いろいろな呼び名があります。

いくつかご紹介します。

●色取月(いろどりづき)

●菊咲月(きくさづき)・菊開月(きくさきづき)

●寝覚月(ねざめづき)

●祝月(いわいづき)

●竹酔月(ちくすいづき)

●紅葉月(もみじづき)

まだまだあります。

どの月も思うのですが、本当に綺麗で豊かな表現力ですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。