「敬老の日」由来は?お祝いは何歳から?おすすめプレゼントは?

Pocket

2018年の敬老の日は9月17日です。

敬老の日は、国民の祝日の一つですので、

今年は土曜がお休みの方は、9月15日から17日は3連休になります。

この敬老の日、いつ始まって、なぜこんな名前になったのでしょうか?

今日は、敬老の日の由来や、「いくつから敬老の日のお祝いをするの?」「おじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらえるプレゼントは何がいいんだろう」など、敬老の日についてお届けします。

スポンサーリンク

敬老の日の由来

日本には、国民の祝日に関する法律『祝日法』というものがあります。

この祝日法の中で、敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日として定められたています。

長年、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝う日であるとともに、高齢者福祉についても関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちが込められた日です。

この敬老の日は、高齢者向けの行事など、「敬老」に感謝する行事が全国的に行われます。

また、おじいちゃんおばあちゃんに長寿のお祝いするご家庭も多いですね。

敬老の日の起源

敬老の日の起源は、正確にはわかっていないそうです。

いくつかの説が残っているのですが、主な説は以下の2つです。

聖徳太子説

聖徳太子が、現在の大阪市に 身よりのない老人や病人、貧しい人たち救うための「悲田院(ひでんいん)」という施設を開いた日にちなんで制定されたという説です。

年号「養老」説

元正天皇が、717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、

または、高齢者に贈り物をした日であるという説です。

「敬老の日」は「としよりの日」だった!?

実は、現在の「敬老の日」の由来は、1947年兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。

当時、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨で、1947年から農閑期で気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定めて、敬老会を開くようになったのだそうです。

これが広がっていき、1950年からは兵庫県全体で行われるようになりました。

そして、1954年には遂に「国民の祝日」として制定され、全国で祝うようになったのです。

しかし、ここで問題になったのが「としより」という呼び方でした、

「としより」というのは、どうにかならないか、という異議が各方面から起こり、「老人の日」に改名されました。

そして、1966年「国民の祝日法」が改正されることになったときに「建国記念の日」「体育の日」と共に国民の祝日に制定された際に、現在の「敬老の日」と改められました。

その後、2001年にハッピーマンデー制度の施行に伴い、それまで「9月15日」で定着だった日を「9月の第3月曜日」への移行することになったのです。

つまり、敬老の日をまとめると

名称:「としよりの日」→「老人の日」→「敬老の日」

日付:「9月15日」→「9月の第3月曜日」

このように変化している日ということです。

「老人週間」って知ってた?

実は、9月15日を含む1週間は「老人週間」となっています。

9月中旬には「敬老の日」「老人の日」「敬老週間」があるのです。なんだかとても複雑な状態ですが、 これは、ハッピーマンデー制度に伴う「敬老の日」の日程変更に際して、高齢者団体などからの反発が相次いだため、妥協策として決まったもので、「敬老の日」とは別に、もともと敬老の日があった9月15日を「老人の日」に設定し、9月15日を含む1週間が「老人週間」として老人福祉法が改正されたのだそうです。

敬老の日のお祝い、いくつからする?

「としよりの日」とか「老人の日」と言われて、お祝いをするよりは、「敬老の日」と言われるほうが、なんとなく抵抗は薄れる感じはしますが、それでも「老」とつくと、おじいちゃんと、おばあちゃんの長寿を祝いたいけれど、「まだまだ若いのに失礼じゃないかな?」とか「何歳からお祝いをしたらいいんだろう?」と疑問に思う方も多いと思います。

敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」です。確かに対象は「老人」となりますが、何歳からという決まりはありません。ですので、何歳しても間違えではないのです。

でも、年々若々しい方が増えているため、年齢だけで「老人」と線引きされて、敬老の日の対象になることに抵抗がある方もいらっしゃいるはずです。せっかく相手に喜んでもらいたいとお祝いをするのに、気分を害されてしまうようなリスクは避けたいところです。

では、対象となる「老人」とは、一般的に何歳からなのでしょう?

これもまた難しいところで、「老人」にも何歳以上を指すという統一された基準はありません。ですが、公的機関の定めた定義などを見ると、60歳か65歳とする傾向が多いようです。少し前までは、60歳とする公的機関などが多かったですが、いまは65歳あるいはそれ以上を「老人」とするのが一般的となってきているようです。

ちなみに、国連の世界保健機構(WHO)は、高齢者の定義を65歳以上としています。また、会社の定年や、年金の受給開始も65歳に引き上げられていっているため、65歳を老人と定義することが増えてきています。

年齢で線引きできない場合のお祝いの開始時期

最適なはじめどきは『孫ができたタイミング』です。

これなら、年齢に関係なく確かに「おじいちゃん」「おばあちゃん」であることに間違いないのですから、抵抗なく喜んでもらえるようです。しかも、かわいい孫から祝ってもらえるとなると、どんなプレゼントでも嬉しいに違いありませんね。

敬老の日のプレゼント

おじいちゃん、おばあちゃんにいつまでも元気でいてほしいですね。

何を贈ったらいいかわからない方は、長寿のお祝いでもあるので、長寿を願って長寿箸などはいかがでしょう。縁起物の鶴亀の絵が入っていて、名前も入れてもらえば特別感もあって嬉しいですよね。

【あす楽対応】【送料無料 還暦ギフト 名入れ 箸】一膳用桐箱入り 名入れ長寿箸 鶴亀 全2種 記念日/長寿祝い/還暦祝い/還暦/卒寿/傘寿/名入れ/出産祝い/名前入り/名前/還暦/箸/お箸/贈り物/ギフト/プレゼント/父の日/母の日 ペア カップル/敬老の日

そして、プレゼントに欠かせないのはお花です。

敬老の日用の花鉢で、

贈った後もお花を眺めて生き生き生活してもらえたら、嬉しいですよね。

売れてます!長持ち敬老の日【長寿を願う花鉢】がなんと!2,980円【送料無料】【メッセージカード付き】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_包装】

屋久島の標高500メートル以上の山地に自生するスギの中でも、樹齢1000年以上のものが屋久杉と呼ばれます。そんな、屋久杉を使用して作られた屋久杉ブレスレットは長寿のお祝いにはピッタリですよね。

つけていると、ほのかな屋久杉の香りが気持ちを落ち着けてくれます。

【ネコポス対応】【瑪瑙】【屋久杉ブレス】屋久杉10mm/瑪瑙仕立〔桐箱入〕【腕輪念珠】【パワーストーン】【お守り】【長寿】【子孫繁栄】【厄除け】*

一番うれしいのは一緒に過ごせることですね。

おじいさん、おばあさんが遠方にいて、いつも接して無い方も多いですよね。 敬老の日は毎年9月の第3月曜日で祝日なので、連休を利用して直接会ってメッセージを伝えるというのも良いですね。

「いつもありがとう」「いつまでも健康で」など気持ちを込めたメッセージを届けてみてはいかがでしょうか。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。