台風と 気温の急激な変化は「気象病」の原因

Pocket

今年は、9月の末あたりから、2度も体調不良で寝込んでしまいました。

よく、「今日は頭が痛いと思ったら、低気圧が近づいている」など、体調不良で天気の変化を感じるタイプの方がいますよね。

このような天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれます。

今年は、10月に入ってからの台風上陸の数も多く、しかも勢力の強い台風が続いているため、体調不良を感じている方も多いかもしれません。

気圧の変化によって気象病の症状がでるのですが、さらに気圧の変化に、温度や湿度の変化も加わると、気象病の症状が出やすいといわれて、1日の間に10度以上温度が変化したり、気圧が前の日と比べて10ヘクトパスカル以上変化したりすると、症状が出ると言われています。

特に症状が出やすい季節は、低気圧が定期的に通過する梅雨の時期、そして台風が日本付近に接近する晩夏から秋にかけてなのです。

台風は、気圧の変化が急激になり、移動のスピードが速いので、いちばん痛みがつらいという患者さんもおおいのだそうです。

今年の晩夏から秋にかけては、台風が接近どころか、立て続けに上陸しています。しかも、秋の始まりを思わせる涼しどころか肌寒さを感じる程の日があったかと思えば、台風一過で30℃を超えるような夏日になったりと、温度や湿度の変化も激しくなっていて、気象病が起こりやすい条件が揃っていますので、無理せず屋内などで心を落ち着けて過ごしてみてはいかがでしょうか。

雨の日の体調不良については、こちらの記事も参考にしてみてください。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。