二十四節気「寒露」

Pocket

10月8日からは二十四節気「寒露(かんろ)」になります。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことを言います。

秋の長雨が終わり、本格的な秋が深まり出します。

この頃になると五穀の収穫もあり農家では繁忙を極める頃です。

露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃く色付き始めます。

この頃になるとガンやオオハクチョウなどの渡り鳥が、北から日本へ飛来しはじめ、菊の花が咲き、こおろぎなどが鳴き始めると言われています。

空模様はと言うと、大気の状態が安定し、空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。夜空には、月が美しく見えます。秋の月は本当に美しいですよね。

そして、食べ物は、きのこや栗、秋鮭などの魚介、柿などの果物、そして新米と、盛りだくさんの美味しいものが出回り出します。素材の味を生かした旬の料理を楽しみたいところですね。

昼が短くなり夜が長くなるのを感じる頃でもあります。

深まる秋に備えて、冬物の衣類などの準備を始めておくといいのではないでしょうか。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。