小学校の運動会はいつ開催が多い?

Pocket

運動会というと秋のイメージが強いですね。

10月10日といえば、以前は「体育の日」で、運動会を開催する小学校が多かったのですが、ハッピーマンデーで、10月の第2月曜日に移動してからは、体育の日に運動会というイメージがなくなり、最近は春に運動会をやる学校も多くなってきているようです。

ちなみに、この「体育の日」ですが、2020年からは名称も「スポーツの日」に改名されるそうです。いろんなものがどんどん変化していきますね

今日は、小学校の運動会の開催時期についてお届けします。

スポンサーリンク

運動会、開催時期はいつ?

運動会は、もともと「体育の日」あたりに実施されていたことから、多くの学校で秋に実施されていました。

しかし、先ほどもお伝えした通り、最近は、春に実施する学校も少しずつ増えてきたようです。その理由は、各学校でさまざまですが、全国的に見ると、秋に実施する学校の数と春に実施する学校の数は、今では半分半分ほどになっているようです。

春と秋に開催が分かれる理由は?

では、なぜ開催時期が春と秋に分かれだしたのでしょうか?

春、秋、どちらに開催するかは、気候や地域性が大きく影響しているようです。

最近では、熱中症や紫外線などの問題がありますし、どちらの季節に開催するにしても梅雨や台風の気候の問題もかんがえなければいけません。また、年間の行事との兼ね合いもあり、なにより、春と秋では、学年集団の成長させたい視点が変わってくるため目的の違いもあるわけです。

春は新学期の季節です。

新しいクラスになって人間関係を作れていない生徒たちが、春に行われる運動会をきっかけに交流を深めてくれればといった「クラスの結束感を高める」思いもあったようです。

また、9月以降は、受験を控える生徒たちにとって大切な時期ということもあって、運動会よりも勉強をさせたいという思いの学校や、親も多く、春に行う学校が増えたとも言われています。

運動会は、明治時代から行われてきたと言われています。
家族全員が参観するお祭りのような楽しい行事だった運動会、昨今では、開催時期だけではなく、種目も様変わりしてきました。

せっかくのお子さんの成長を見られる機会です。

昔と同じく、家族全員が参観する楽しい行事であってほしいものですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。