日本の住所を英語で書く順番って?都道府県や市町村って何て書いたらいいの?

Pocket

最近、ネットで申込入力の際に、

英語で自分の住所を記載する必要があることが増えています。

以前は、英語で自分の住所を書くということは、あまりなかったことのため、住所を英語表記で書くとなると、「どう書けばいいんだろう?」と、書くたびに、戸惑ってしまいます。

そこで今日は、住所を英語で書く時の、基本的な表記のしかたについてお届けします。

最後に、日本語住所を英語表記に変換するWebサービスもご紹介します。

スポンサーリンク

日本語と英語の住所順番の違い

日本で、住所を書く場合、

郵便番号 → 都道府県 → 市区町村 → 地域名 → 丁目・番地・号 → 建物名・部屋番号

となり、大きな地域区分から小さな区分という順番に書いていきます。

英語表記はというと、

日本と逆になります。

地域の小さな区分 → 大きな区分の順で書いていきます。

つまり

建物名・部屋番号 → 丁目・番地・号 → 地域名 → 市区町村 → 都道府県 → 郵便番号

と、いう順になるということです。

ちなみに、手紙の場合の実際の記載の仕方としては、

建物名 部屋番号 または階 ,

●(丁目)-●●(番地)-●●●(号), 地域名 ,

市区町村など, 都道府県

郵便番号,国

の順番で書き、各要素は「 ,(カンマ)」で区切ります

県・市・区・町は英語でどう書く?

住所を英語で書く時、各順番以外にもどうしたらいいのか悩むのが、「県や市区町などの言葉はどう書いたらいいの?」ということではないでしょうか?

各言葉を英語で表すと以下のようになります。

県 = prefecture

区 = ward

町 = town

村 = village

ただし、日本語を英語訳に置き換えて記載されることは、あまりありません。

例えば、

都道府県は、県(-ken) などは省略されることが一般的です。

東京都 → Tokyo

大阪府 → Osaka

の場合は -ku をつけたり、の場合は City-shi とつけることが多いです。

北区 → Kita-ku (-kuをつける)

名古屋市 → Nagoya City または Nagoya-shi

などとなり、「必ずこう書かなければいけない」というようなことはありません

日本と英語圏では、住所を書く順番も違いましたが、

そもそも、日本の住所のシステムと、英語圏のシステムとでは違いがあります。

英語圏には、日本の○丁目○番地、というような考え方がありません

すべての通り・道路・道に、固有の名前がついて、

道路上の建物や場所に、番号が割り振られているため、

道路と番号で、住所がわかるようになっているからです。

ですので、英語圏の住所は、

「建物の番号, 通りの名称, 地域名, 州, 郵便番号」

という順になっているということになります。

そもそも日本の住所のシステムは、英語圏とは違いがあるため、英語のルールに合わない部分もあるということです。

できるだけ難しい表記を避け、わかりやすく書くようにするといいでしょう。

海外との郵便物やりとりに、知っておくと便利なこと

海外との郵便のやりとりをする際に、知っておくと便利なことがあります。

それは、実は、

日本の住所は日本語で書いていい

と、いうことです。

海外へ手紙や荷物を送る場合でも、海外から日本へ送る場合でも、

どちらの場合でもOKです。

大切なことは、必ず『JAPAN』と書くこと!

※海外へ郵便を送る時は、必ず送る先の国名を住所の最後に書くことが重要です。

最後に、どうしても自信がないという方は、

日本語住所を英語表記に変換するWebサービス「JuDress」を使うと、簡単に問題解決できて便利です。

試してみてはいかがでしょうか。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。