七草粥 「いつ」「なに入れて」食べる?

Pocket

1月5日

二十四節気「小寒(しょうかん)」に入りました。

寒の入り」ともいわれ、寒さが日増しに加わり、降雪がみられる本格的に厳しい寒さを迎える時期です。

そして同時に

七十二候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に入りました。

セリが盛んに茂る時期です。

1月7日の朝に食べる【七草粥】の七草の一種であるセリが旬を迎える頃ということですね。

セリは、川辺や湿地、田んぼのあぜ道などにまとまって『競り合う』ように生えるので、「芹(せり)」と名づけられたといわれています。

芹は香味野菜で春の野草特有の苦味もあるため、好き嫌いは分かれるようですが、わたしは好きです。(パクチーも好き)

今日は

このセリも使われる、明後日の【七草粥】についてお届けします。

スポンサーリンク

七草粥とは

そもそも【七草粥】とは何かと言うと、

「春の七草を入れて作ったお粥」

七草粥は、ことし一年の無病息災を願って食べる行事食です。

また、正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める意味もあると言われています。

「春苦味 夏は酢の物 秋辛味 冬は油と合点して食え」

「春の皿にはにがみを盛れ」

と言われるように、この時季の山菜や野草の苦味のあるものを食べて、冬の間に活動が鈍くなり体内にたまった老廃物を出し、細胞を目覚めさせ新陳代謝を促すのです。そして、ビタミンやミネラルを身体にとり入れ、これからくる厳しい暑さに備える準備をするという昔ながらの知恵でもあるのです。

春の七草 とは

  • せり
  • なずな(ペンペン草)
  • ごきょう(母子草)
  • はこべら (ハコベ)
  • ほとけのざ(田平子)
  • すずな(かぶ)
  • すずしろ(大根)

7つがよくわからなくても、最近は 七草粥の日 が近くなるとスーパーで 七草セット が売られています。行って見てみると、意外と知っている草だったりしますよ。

いつ食べる?

一般的には、1月7日の 朝 食べます。

『一般的には』というのは
ほとんどの地域で1月7日の行事食として食べられているのですが、

1月の15日・16日、

また 月遅れ の2月7日 ・15日・16日に、

七草粥を食べる習慣がある地域もあるのです。

絶対「春の七草」が入ってないとダメってわけじゃない

【七草粥】は、中国から平安時代に伝わってきたのですが、中国では、7種の野菜を入れた汁物を無病息災・立身出世を願って食べるという風習だったのだそうです。

そして、風習が伝わってきた平安時代には7種の穀物を食べるようになり、古くからあった「若草摘み」の風習と結びついた結果、鎌倉時代には七草粥を食べるようになったということのようです。

こうみると、もともとは七草ではないのですね。

そういえば子供の頃は、摘んできたセリや大根が入った七草粥を母が作ってくれましたが、人参や青菜やお餅なども入っていて、七草にこだわってはいなかったような覚えがあります。

そこで、調べてみたのですが、やはり、七種の種類に地方によって違いがあり、食材が違っていたり、七草すべてを使用するわけではない地域もあることがわかりました。

食べ方も、地方によっては、お粥ではなく汁物だったり、雑煮のところもあるようです。

伝わってきたころの中国の風習を考えると、汁物として食している地方は、より昔ながらの伝統が引き継がれているのかもしれません。

スーパーでパック詰めされた「七草セット」を買わなくても、お正月の 残り物 や 旬の野菜を入れて作った【七草粥】で十分です。

作り手の愛情がこもっているのが一番ですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。