よしもと西梅田劇場に行って来たよ

Pocket

昨年年末の忘年会帰りに、大阪中央郵便局跡地の前を通った時『よしもと西梅田劇場』が出来ていることを初めて知りました。

(笑いの殿堂なんばグランド花月(NGK)の改修にともない開設され、2018年8月25日までの期間限定劇場の予定でOpenした「よしもと西梅田劇場」でしたが、現在は、常設劇場として再オープンしています。)

『よしもと西梅田劇場』の「チケット購入方法」や「行ってみた会場の様子」「感想」などについても、お届けします。

スポンサーリンク

吉本西梅田劇場

2017年9月25日に開業していたようです。

まったく気づいていませんでした。

改装工事のために一時閉館していた『なんばグランド花月』の代わりだったようです。

まったく知りませんでした。申し訳ないです。(一時閉館していた『なんばグランド花月』は、現在改装工事はおわり2017年12月21日から営業再開されています。)

日本郵便が所有している旧大阪中央郵便局跡を暫定利用しているため、2018年8月25日までの期間限定劇場の予定ですが、吉本興業は契約延長も視野に入れているようなので、もしかしたら営業期間が延長されることもあるかもしれません。

当初より営業期間が延長されることもあるかも?とは言われていましたが、やはり、延長・・・というよりは、常設劇場となりましたね。

今は、「よしもと西梅田劇場」は、JR大阪駅前という好立地で、西梅田バス駐車場が隣接していることから、団体ツアーに適したキタの笑いの殿堂として旅行会社に送客をアピールしているのだそうです。

確かに、西梅田劇場では、なんばグランド花月(NGK)が一公演2時間30分なのに対して、約100分間と公演時間が短く、料金も1千円割安に設定されているため、いろいろ回りたい方などにとっては、観光コースに含めやすいかもしれません。

新喜劇の特徴である「弁当プラン」はもちろんですが、周辺にある「ザ・リッツ・カールトン大阪」や「ホテルグランヴィア大阪」などとタイアップしたランチプランなども設定しているということなので、ひと笑いしてちょっとリッチ気分のランチを楽しむのも、いいかもしれません。

場所は、旧大阪中央郵便局跡、大阪市北区梅田『西梅田スクエア』

梅田地区には以前は『うめだ花月』がありましたが、2011年に閉館されました。大阪キタエリアによしもとの劇場ができるのは9年ぶりなんですね。

予約方法

予約は

①チケットよしもとWEBで購入
②チケットよしもと専用ダイヤルで予約
③よしもとの劇場窓口で購入
④プレイガイドで購入  チケットぴあやローソンチケットなどのプレイガイドでチケットを購入することもできます。取り扱っていない公演があったり、手数料がかかったりしますが、コンビニで発券できるので便利です。

当日券もあります。

前売り券より当日券のほうが500円高くなります。

入り口ゲートをくぐってすぐ右手に当日券売り場があります。この日はまだ、若干の当日券があり並んで購入している方もいました。ですが「行ってみたけど満席で当日券の発売もなかった」なんて残念な結果にならないように、前もって購入をオススメします。

スケジュール 出演者の確認

「この日しか行けない!」と、言う場合は、いろんな日程の出演者を確認してしまうと、好きな「芸人さんの出演が前日だった!」みたいなことになって、残念な気持ちを引きずりながら行くようなことになるのは嫌なので、出演者まで確認しなくても良いと思いますが、何日か候補の日程がある場合は、出演者を確認して日程を選ぶといいですよ。

出演者は、チケットよしもとWEBで確認することができます。

チケットよしもとWEBに入り、いきたい劇場をクリックするとスケジュールカレンダーが出てくるので、行きたい日の『公演一覧』をみると、出演者がわかります。

正月特別講演に行ってみた

入り口ゲートをくぐってすぐ右手には当日券売り場、左手にはプレハブ建てのグッズ売り場があります。

グッズ売り場は本当に小さいので人が多い時には入場制限をするようですので、開演前のグッズ購入をオススメします。

そして、グッズ売り場のとなりにチケット発券機が2機設置されています。

チケットを見せて会場に入る前に、トイレと自販機があります。

会場内には何もありません

でも、会場と外は出入り自由なので、途中の10分ほどの休憩には会場を出て外のトイレに行くことができるので安心です。場内は飲食自由ですが、ゴミは持ち帰りましょう。

さて、会場の椅子はと言うと、パイプ椅子です。

低反発の座布団が敷かれているのでお尻が痛くなることはありません。仮設会場のため前の席との段差があまりなく、前に大柄な方が座ると舞台はかなり見えにくくなります。子供には高さのある座布団を重ねて敷くように貸し出ししています。

パイプ椅子の横には、ペットボトルが置けるようにカップホルダーがついています。

座席数は、車椅子対応席を含め700程あるようです。

JR大阪駅 桜橋口から徒歩数分の高立地に建つ仮説の建物だけあって、やはり電車の防音までは難しく結構電車の走る音は聞こえます。舞台に近い前のほうの席だと気にならないと思いますが、出入り口に近かったり後ろの方の席になると、気になると思います。

公演が終わって会場から出るときは、前の出入り口の方が比較的すいています

舞台向かって左手の前の出入り口から出ると、すぐ右側が舞台か楽屋の出入り口になっているようで、この日は出演していた芸人さんがちょうど出入り口にいたため、会場から出たお客様と握手したり写真を撮っていました。

感想

プレハブ、仮設感たっぷりではありますが、内容や出演者は他のよしもとの劇場と変わりありません。いろんなグッズをみたり、劇場感を味わいたい方にはおすすめしませんが、大阪ミナミより大阪キタのほうが行きやすい方にはオススメです。

2018年 みんなで笑って楽しい お正月 になりました。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。