『ルーター収納』簡単DIYでおしゃれに大変身!!

Pocket

Wi-Fi  や電話のルーターっていくつもあって、見えてるとゴチャゴチャしてオシャレじゃないし、片付いてない雰囲気をかもし出すし困りますよね。

それなのに、ルーターを目立つところに配置せざるを得ない場所に電話の線があって、ルーター収納ボックスのオシャレな物を買おうかとも思ったのですが、ちょうどいいサイズがありませんでした。しかも、結局「箱」なのに結構お高めなんです。

そこで、ニトリで適当な大きさのボックスを買って入れてみたんだけど、高さが足りなくてやっぱり片付いてないようにしか見えない。オシャレでもない。「どーしようかなぁ」と思ってたらホームセンターでいいのを発見!!ほんの10分ほどで、『ルーター収納Box』を作っちゃいました!

今日は、ルーターを オシャレに収納したい あなたに おすすめの超楽チンDIYをお届けします。

スポンサーリンク

ルーター収納BOXを手作りする

では、どうやって作ったか、その手順をご紹介します。

準備するもの

今回使ったのは、こちらの写真のもの。

(あっ両面テープも使ったのに写真に入れるの忘れてました)

レンガがミソ。レンガ と言っても レンガ もどき なんです。

ホームセンターで売っているのを見つけました。

厚さ1cmほどで、組み合わせるために普通のレンガの大きさのものと、半分の大きさのものがあります。素材はすごく軽くて、自分でカッターで切って大きさを調整することもできます。
微妙に色合いなどが違うので、売り場で並べながら、好みのものをチョイスしましょう。
値段は大が200円ぐらい、半分のが130円ぐらいでした。

そして、段ボールですが、実はトイレタリーを買った時に形を崩さないようにするために付いていたダンボールです(笑)宅配の段ボールやお菓子の空箱など、立てた時にフニャっとならないものならなんでも代用できます。

両面テープは、文具売り場にあるものではなく、 DYI 向けのものが売り場にあります。

作り方

1.ルーターが見えない高さ、ルーターを入れている箱の幅にあわせて段ボールをカットする

(同時にレンガを積み重ねた高さと幅にあわせると、レンガを切ったり調整する必要がないので楽)

2.レンガの配置を決める

3.レンガの裏に両面テープを付ける

(めちゃくちゃ適当な貼り方で、お恥ずかしい)

4.段ボールにレンガを貼る

5.段ボールをルーターを入れている箱に両面テープで貼る

出来上がりです。

後は、出来上がったルーター収納Boxの周りを飾りつけしてみましょう。

ビフォーアフター

ビフォー

アフター

いかがでしょう。

やってみた感想は

  • 自由自在に大きさを調整できる
  • ものの数分で仕上げられる
  • コストがかからない
  • 飽きたらすぐ模様替えできる

と、こんな感じです。はかったり、きっちり合わせたりすることもないので、適当な性格でも大丈夫なのが嬉しいところです。

ホームセンターで、いろんな大きさのコルク板があるのを見つけたので、単純にコルク板を適度な大きさのBOXに貼り付けただけでも、そこにポストカードや写真を貼り付けて飾れば、オシャレなルーターボックスに仕上がっていいんじゃないかな~と、早くも次の 模様替えを イメージしたりしています。

DIYの売り場に行っていろんな素材のものを実際みてみると、アイデアが浮かんでくるかもしれません。

自分で考えてやってみるのも楽しいですよ!

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。