爪「伸びる速さ」若い方がよく伸びる?

Pocket

明日は、七草粥の日ですね。

七草粥については、昨日こちらに詳しく書きましたが、実は七草セットが年明けの1月2日から早くもスーパーに並んでいて驚きました。そしてもっと驚いたのは、七草粥商品のバリエーションが増えていたことです。

以前は、七草のセットぐらいしか売っていなかったと思うのですが、他にもいろんな商品ができているのをあなたはご存知でしたか?雑炊に入れるだけの『乾燥七草』や『七草鮭茶漬け』なんていう商品まで出ていて驚きました。

今年は1月7日が日曜日なので、朝起きてゆったり七草粥を作ることもできますが、1月7日が平日だったりすると、朝からお粥を作るのも大変です。こんな手軽な商品が出てくれていると助かる方も多いのではないでしょうか。一人暮らしの方もお茶漬けになっていたら、作ると多くて食べきれないという心配もなく、ご飯一杯分だけを手軽に食べることができますね。

ところで、1月7日と言えば『七草粥』を思い浮かべる方は多いと思いますが、1月7日『爪切りの日』でもあるのをご存知ですか?

新年になって初めて爪を切る日のなだそうです。

七草を浸した水につ目をつけて爪を柔らかくして切った年は、風邪をひかないと言われているんです。

今日は、爪が伸びる速さのちがいについてお届けします。

スポンサーリンク

爪って1ヶ月でどれぐらい伸びる?

爪が伸びるのは1ヶ月3mmほどです。

3㎜と聞くと、一瞬「たった3㎜?」と思ってしまいますが、指の爪のはえぎわから指先までの長さがだいたい15mm前後と考えると、3mmはかなりの割合になります。

1日では、手の爪が0.1mm足の爪は0.08mm程度です。

ちなみに、爪が全部生まれ変わるには、

手の爪が半年足の爪が1年、かかるのだそうです。

爪が伸びるのが速い人っているの?

あなたのまわりには「爪が伸びるのが速いな」と、感じる人はいませんか?

それ、本当に速く伸びているのかもしれません。

条件によって爪が伸びる速さには違いがでるのです。


*年配 より 子ども

爪は新陳代謝が活発なほどよく伸びます。そのため年齢によって違いがでます。お年寄りよりも代謝のよい子どものほうがよく伸びます。10代から20代の前半が爪が一番伸びる時期なのです。

*女性 より 男性

これも新陳代謝が関係しています。

*冬 より 夏

寒い冬は代謝が悪くなりますよね。暑い夏の方が新陳代謝がよくなるからです。

*夜 より 昼

夜より昼というのは、起きている時の方が新陳代謝が活発になるからです。

*足 より 手

足よりも手の爪の方が刺激があるから伸びやすいのです。

*あまり使わない指 より よく使う指

足より手と同様、あまり使わない指より、よく使う指は、刺激によって爪が伸びやすいのです。

爪が伸びる速さには【新陳代謝】【刺激】が関係しているということですね。

さいごに

年末に爪を切って新しい年を迎えた方は1月7日には、爪を切ってから10日ぐらい経っていると思います。

1日で手の爪が 0.1mm ほど伸びていると言うことは、年末爪を切った方は、そろそろ 1㎜ ほど爪が伸びていますね。爪のちょうどいい長さは、手のひら側から見て爪の先が出ていない程度と言われています。『爪切りの日』に爪を切るのは、ちょうどいい時期かもしれませんね。

1月7日に『七草粥』を食べて『爪』を切りましょう。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。